西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,148,040
160

ようやく脱毛が止まった

次の記事 | 目次
hats.jpg


いやはや、抗がん剤の副作用とはまことに恐ろしい。3月28日にたった1回投与しただけで、今の今まで副作用が続いていたのだから。脱毛が始まったのが投与後1ヶ月ぐらいしてからだったので、かれこれ3ヶ月間抜け続けたことになるが、さすがに生えるスピードが追いつかなかったのであろう。この3ヶ月間で頭のてっぺんだけちょっと薄くなってきた。しかし見た目には分からない程度で、しかも私の173センチの長身を、上から覗き込める人はそうはいないので(^^)、基本的には誰も気づいていないと思う。

写真の帽子は、結局一度も使用することなく、今となっては不要になってしまったが、抗がん剤投与前に慌てて母と一緒にデパートへ行って買ったものである。洋服に合わせて同じものを色違いで買った。当時はまさか1回で抗がん剤をやめるとは思ってなかったので、ハゲになったらこの帽子をかぶって外出しようと思っていた。そして今回そろそろ薄くなってきたので、もしかしたら帽子が必要になるかなあと思っていたのだが、突然おととい止まったのだ。おととい洗髪中にその変化に気づき、昨日、今日と様子を見ていたのだが、今日の洗髪で確信した。ようやく脱毛がストップした!!

それにしてもおもしろいのが、抜け始めるときもある日突然来るし、止まるときもある日突然であった。徐々に多くなるとか少なくなるとかではなく、一気にバッと抜け出すか、パタッと止まるかである。まあとにかくこれで一つ懸念事項が減った。まあ脱毛に関しては、たいした懸念事項ではなかったのだが、それでも一つ解決したということは喜ばしいことである。

髪の毛つながりの懸念事項と言えば、むしろ脱毛なんかよりも、白髪のほうが私にとっては深刻な問題だ。もともと白髪体質で、母親も若い頃から白髪が多かった。私も36歳にしてはかなり多い。今時間がなくて髪の毛が染められないので、なおさら汚らしい。今日は比較的体調も安定していたので、久しぶりにカットに行ってきた。これまた小さいことではあるが、ずっと切りたくてうずうずしていたのだが、なかなか体調とのタイミングが合わず切りにいけなかったので、今日やっとさっぱりし、懸念事項が一つ減った。

今、目前に差し迫っている懸念事項は、相変わらずガスが出ないことである。さっきからブログを書きながらも、中断して身体を動かしたり、逆立ちしたり、スクワットをやったりと、いろいろ試みているのだが、一向に出ない。しかし幸いなのは、これだけ出ない場合、いつもであれば相当痛みが来るはずなのだが、今日の場合は痛みはさほどでもない。その代わり、なんだかガスが出ない苦しさがある。吐き気をもよおすほどではないが、ちょっと気持ち悪い感じである。逆にいつもは痛みはあっても苦しくはなかった。まったく、一つなくなると別の苦しみが出てくる。困ったものだ・・・(^^;)。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(161) 脱毛がストップした本当の意味を考える
(162) 精神面での成長を実感
(163) 血糖値騒動の顛末
(164) またまた便秘モードに突入
(165) 祈るけど期待しないのがコツ
(166) さすがに余裕がなくなってきた

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!