西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,678,008
292

主人によるびわ葉温灸講習会

次の記事 | 目次
今までびわ葉温灸は主人にやってもらっていたのだが、最近主人も仕事が忙しくなってきてその時間が取れないことが多くなってきた。そこで両親が覚えれば私にやってあげられるだろうということで、本日主人によるびわ葉温灸講習会が開催された(笑)。講習会といっても、びわ葉温灸自体そんなに難しいものではないので、数回手ほどきをしただけで父も母もすぐにマスターできた。そして今日は初めて父に温灸をやってもらった。とても気持ち良かった。父と母はこれでまたやることが増えて大変になってしまったが、私としては本当にありがたい限りで、両親には心から感謝している。

今日も散歩に出られず、一日中ベッドに横たわっている状態であった。日中は温灸やマッサージをしてもらっていたのでベッドに横たわっていたが、夜は痛みで横たわっていた。しかし痛み的には昨日より少し和らいだ感じはある。今日はMSコンチン40mg、40mgというように、1日2回服用バージョンに変えてみたのだが、全体を通じての鈍痛が昨日よりはましだった感じがある。ただ今日はマッサージや温灸をしてもらっていたことが大きく影響していると思うので、実際にはよく分からない。とにかくこの服用方法で2、3日様子を見るしかない。今日は気分が乗らないので、これにておしまい。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(293) 食物は生きている
(294) ボルタレンで痛みの調整をはかる
(295) 今日はお仕事、ブログはお休みです
(296) ボルタレン効果もここまでか・・・
(297) 医者は薬のことを知らない
(298) 夫婦二人三脚での仕事

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!