西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:13,105,500
584

奇跡の復活を遂げました

旧コメント | 次の記事 | 目次
20080701.jpg


皆さん大変心配をお掛けして申し訳ありませんでした。やっと自分の声で、ブログをアップするまで復活できました。今日は7月1日で、約一週間前は死に掛けていたということで、聞く事全てに驚きまくっています。瞳孔が開き、先生や家族の誰しもが、もうさすがに駄目だと諦めたらしいですね。まさか痙攣を起こしそんなところまで行っているとは思っていませんでした。

とにかく現状は、目も見えるようになりまして、急速に回復していますし、今週からベッド上でのリハビリも始まりました。今一番辛いのは、水分制限による口渇感との闘いと寝ている時間が多いことから起こる背中の痛みです。それ以外はそんなに苦しいところはありません。何故か退院が近づいてくると毎回こういった事件を起こし、一からやり直しになる私ですが、今回も前回と同じく諦めずにゆっくりと復活に向けて頑張っていく所存です。

それでは今日はこの辺で。次回またお会いしましょう。

旧コメント | 次の記事 | 目次
タグキーワード(AIが自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。
記事投稿日:2008-07-01

続きの記事

(585) さらなる回復を続けています
(586) 正直疲れ気味です
(587) デミタスカップの解釈
(588) 緩和ケア病棟感動話第2弾
(589) 口渇感との戦い再開
(590) 最近またへこみぎみです...

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!