西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:16,158,130
165

祈るけど期待しないのがコツ

次の記事 | 目次
vegetablejuice.jpg


昨日の夜は徹夜覚悟だったのだが、予想外に痛みが3時ぐらいに落ち着いてくれ、まあまあ眠ることができた。せっかく幸先の良いスタートを切ったのだが、今日も便秘は解消されず・・・。しかもいつも以上にガスが出なくて、一日中おなかが張って苦しかった。(今もものすごく苦しい・・・)

最近はコーヒーエネマを昼と夜の2回行っているのだが、やはり人間の身体として排便の時間帯は午前中なので、夜のほうは出ないことが多い。だから最近は、う○ちが出ることを祈りはするが、期待しないようにしている。夜に眠い目をこすりながらがんばってやったのに、ぜんぜん便が出なかったり、コーヒーが注入できなかったりすると、精神的なダメージが大きいからだ。ただでさえエネマの後は痛みが激しくなるので、少なくとも精神的なダメージだけでも軽減しておきたいのだ。今日もそれが功を奏し、エネマ失敗&痛み増大にもかかわらず、案外気持ちは乱れていない。

写真はぜんぜん記事と関係ないのだが、にんじんジュースと同時に始めた特製青汁(キャベツとほうれんそうとりんごのミックスジュース)だ。青菜はその時々で変化をつけているが、だいたいほうれんそうを使うことが多い。小松菜も使うが、小松菜のほうがやはり草っぽい味になる。先日空心菜でやってみたが、変にどろっとしてしまって、味はまずくはないのだが、食感が極めて悪く、空心菜は却下になった(笑)。

よって今は、にんじんジュース200ccを1日2回、この青汁200ccを1回飲んでいる。まさに「身体にいいもの飲んでる~」という感じで、飲んでいて気持ちが良い。しかもにんじんジュースは、通常のジュースなんかよりもおいしいので、無理やりどころか飲みたくて飲んでいるという次第だ。たださすがににんじんジュースをこうも毎日大量に飲んでいるので、最近皮膚が黄色くなってきた(^^;)。まあそのぐらいになればたいしたものである(笑)。

さて、これから寝るところだが、まさに、眠れますようにと祈りはするが、痛くて眠れなくても落ち込まないように、期待しないでベッドに入ることにしよう。でもやっぱり眠れるといいなあ・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(166) さすがに余裕がなくなってきた
(167) やっぱり3日目だった・・・
(168) エネマのコーヒーはいったいどこへ消えた・・・?
(169) 中盤戦に差し掛かった
(170) たった5分間の幸せ
(171) 抗がん剤の思わぬ功名

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!