西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,689,389
528

さらにショッキングな結果が・・!!

次の記事 | 目次
shikooouflower.jpg
<写真の説明>高校テニス部一同からのお花です

実は調子に乗ってさらにモルヒネの減量に挑戦したところ、さすがに少なすぎたらしく痛みで泣きの毎日でした。というわけでなかなかブログが更新できませんでした。ごめんなさい。でもこれで実験も終了したので、しばらくは痛みについては安定すると思います。とりあえず今回は30mgの減量に成功という結果になりました(^^)。

さてCT検査結果の詳細ですが、内容は予想以上に厳しいものでした。そもそも先生が「ご主人にも聞いてもらったほうが・・・」なんて言っていたので、最初から良い話ではないことは分かっていたのですが、まさかここまで悪いものだとは思いませんでした。まずはこの半年間で肺の転移が確実になり、さらにその腫瘍は10センチもある大きな腫瘍に育っていました。肝臓への転移は未だはっきりしませんが恐らくあるでしょう。直腸の原発巣が少し大きくなっていたことは先日すでに書きましたね。

以上は腫瘍に関する話ですが、私が何よりもショックを受け、しかも再び現在大きな決断を迫られていることがもう一つあります。腫瘍が腎臓と膀胱をつないでいる尿管を圧迫しているため、腎臓に水が溜まってしまう「水腎症」を発症しているようで、従って尿をスムーズに出すためのステントを入れるか、あるいは場合によっては背中に穴を開けて腎婁(じんろう)を造設する必要が出てきているのです。詳細については明日泌尿器科の先生と相談してからになるのですが、緩和ケアの先生はどちらかの処置は至急行うべきという意見のようです。私は相変わらず様子見を希望しているのですが、まあとにかく明日専門の先生の意見を聞いてみないとなんとも言えません。

それにしても・・・ふえーん・・・(涙)。なんでこう次から次へと難題が出てくるのでしょう。肺の転移などは織り込み済みだったのでさほどショックではありませんが(でも10センチというのはさすがにショックでしたが)、水腎症だなんて・・・・!!しかも薬で何とかなるものではなく、また身体に変なものを入れる、あるいは造ることになるのはものすごくショックです!!!!それではこれについての詳細は次回のブログにて。おやすみなさい。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(529) なんとか事なきを得ました・・・ほっ(^^)
(530) 退院が延期になりました
(531) 泣き叫んだ2日間でした・・・(大泣き)
(532) 予想以上に出すのに苦労しています・・・
(533) ベッドに寝たままでコンサートに参加するぐらい調子が悪かった1日でした
(534) 水腎症の恐怖・・・再び!!

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!