西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,380,364
336

おならをして拍手喝采を受ける私(笑)

次の記事 | 目次
tulip2.jpg
<写真の説明>1/16に掲載したチューリップがようやく花開いた!つぼみのときはどんな色のチューリップなのかまったく分からなかったが、まさかこんな色だったとは。毎日今か今かとシャッターチャンスを窺っていて、予想以上に花開くまで時間がかかったが、おかげで長く楽しめた。しかもとっても素敵な色でさらにうれしいサプライズ(^^)

食事中にブーッとやって拍手喝采を受けるのは私ぐらいであろう(笑)。ストーマになる前もさんざん便秘とガスが出なくて悩み、あの頃も「ウンチ出た!」と言っては喜ばれ、「おなら出た!」と言っては「よかった、よかった」と拍手された。私の口から発せられる言葉といえばほとんどが便とガスの話であったので、家族から私にかけられる言葉も「今日はウンチ出た?」とか「ガスは出た?」とかそんな会話ばかりであった。

ストーマになったことで便もガスも出るようになり、ようやくその話題から一時期解放されていたのだが、ここ最近またガスが出にくくなってきてしまい、またしょっちゅう私の口から「ガスが出ない、お腹が張る」という言葉が発せられるようになったのだ。よって今日夕食時にブーッと大きな音を出しながらおならが出たとき、思わず母が「大きいのが出たじゃない!やったわね!」と拍手喝采で喜んだのだ。その後二人で思わず笑ってしまった。普通食事中におならなんてしたら「まったくもう!」って怒られるものなのに、私の場合は拍手喝采で喜ばれるのだから(笑)。

そうそう、ちなみにもう一つ笑えるのは、ストーマでも同じ音が出ることだ。ストーマには肛門括約筋なるものが存在しないので便もガスも知らずに出てしまうのだが、ちゃんとガスが出るときにストーマが共鳴するのであろう。例のブーッという音が出るのである。しかも通常の肛門から出るとき以上にブルブルとストーマが震えるのが分かる。特に私の場合はなるべくたくさんガスを出そうとお腹に力を入れるので、ストーマの震えは強く、時には軽く痛みさえ感じることもあるぐらいだ。

今日は倦怠感がなぜか強かった。けっこう頻繁に立ちくらみもしたので、ちょっと貧血気味なのかもしれない。ちょうど母が帰るとき痛みが比較的軽かったので一緒に散歩に出るチャンスだったのだが、なぜか異常な眠気と倦怠感でせっかくの散歩のチャンスを逸してしまった。ガスが出にくいのは、基本的には手術とモルヒネによる腸の動きの悪化が原因だが、最近の運動不足も少しあるかもしれない。なんとか散歩に出るようにしたいのだが、いかんせん痛みで横になっている時間が長いのが敗因である・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(337) 下剤についての疑問
(338) 腸が動かないよお・・・(涙)
(339) これは単なる倦怠感?それとも薬の副作用?それとも精神病?
(340) モルヒネは捻挫には効果なし!?
(341) 思い出作りは必要?不要?
(342) 自分に鞭打ちがんばったのだけど・・・(涙)

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!