西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,851,522
331

コーヒー浣腸に痛みを軽減する効果があるようだ

次の記事 | 目次
今日も痛みで一日中ほとんどベッドで過ごした。唯一やったことと言えばコーヒー浣腸ぐらいだ。これだけは毎日欠かさずやっている。

ところでコーヒー浣腸に痛みを軽減する効果があるということはゲルソン療法などでよく言われていることだが、今までの私にはまったくその効果はなかった。びわの葉温灸もしかりで、人によっては温灸をやったとたんに痛みが引くという人もいるが、私の場合はほとんど効かない。唯一痛みが軽いときだけは、びわの葉温灸で痛みが和らぐことはあるが、痛みが強いときはむしろ温灸をするほうが苦痛で、温灸によって痛みがとれるなどということはほとんどない。だからゲルソン療法などで、ただでさえ苦しい浣腸を、痛いのを我慢してやるなど信じられない!と今まで思っていた。

ところが最近、コーヒー浣腸をやった後に少し痛みが軽減するようになったのだ。まだ2回しか実感していないのではっきりとしたことは言えないが、今日もコーヒー浣腸後に痛みが若干軽減したのを実感した。ようやく私にも痛み軽減の効果が出るようになったのだろうか。もしそうだとしたらうれしい。腸がきれいになる上に、痛みまで軽減するのであれば一石二鳥だ(^^)。でもそんなことになったら、ますますコーヒー浣腸から離れられない身体になりそうだ(^^;)。

ところで今日コーヒー浣腸をしているときにちょっとした失敗をしてしまった。なんと1本400円以上するミネラルウォーターでストーマを洗ってしまったのだ(^^;)。やはり水は大事なので、水にはこだわって「クラスタークリアー」というミネラルウォーターを買っているのだが、浣腸中に飲むために1本トイレに持ち込み、ストーマを洗うために同じボトルに普通のお湯を入れて持ち込んだのだ。もう何が起こったのかはお分かりであろう。洗うために用意したお湯でないほうのボトルでストーマを洗ってしまったのだ!!ストーマに水をかけたとき妙に冷たいのでおかしいなと思ったのだが、気がついたときには時すでに遅し・・・すべて使い切ったところでようやく気がつき、400円が一瞬でなくなってしまったのであった・・・。とほほ・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(332) バーチャル新年会(^^)
(333) 私って強いのかな
(334) 腫瘍の種類が変化した!?
(335) ようやく障害者手帳をゲット
(336) おならをして拍手喝采を受ける私(笑)
(337) 下剤についての疑問

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!