西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,683,629
225

みなさんのコメントに救われました

次の記事 | 目次
いつもみなさんの暖かいご声援には救われているが、今日ほど救われた日はないかもしれない。今日ブログを書く直前までは、書くのをやめようと思ったほどつらい状況にあったのだが、コメントを読んでとりあえず一言だけお礼が言いたくて、最後の力を振り絞って書いている。

緊急オペは命取りになりかねないこと、身に沁みました。とりあえず現在の状況を主治医に伝えておいたほうがいいというお言葉、本当にそう思いました。もう少しだけがんばろうよというみんなからのコメント、心に沁みました。

今日もガスも便もほとんど出ず、さっきなどは下痢のようなするどい痛みが来るのにそれが排便に結びつかず、腸がまったく機能していない感じ。それが夜の11時の話で、苦しくてベッドに横になっていたら、いつの間にか眠っていたようだ。起きたら2時であった。今もおなかはパンパンに張っていて、カチカチ状態であるが、とりあえずできるかわからないがエネマをやってみようと思う。とにかく少しでも出したい、というのが今の私のWANTである。自分の身体を信じる気持ちに揺らぎはないので予想外に精神的には安定しているが、身体のほうがもうかなり限界まで来ている感じである。今回どうやってこの状況を乗り越えればよいのか、また乗り越えられるのか、もう素人の判断では無理だ。主治医と話すタイミングを考えていこうと思う。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(233) とうとう入院
(226) 再入院
(234) 手術当日―自然治癒力で治すチャンスを与えてくれ!
(227) 手術の結果
(237) 早速リハビリ開始
(238) 主人と父に泣かされた事件

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!