西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:16,022,713
210

これが私のローフード

次の記事 | 目次
salada.jpg


写真は今日の昼食に私が食べた野菜サラダである。ラーメンどんぶりにてんこもりの有機野菜のサラダ。ビデオテープが比較対象としてあるのでどのぐらいの大きさかお分かりいただけると思うが、かなりの量である。まさに馬にでもなった気分だ(笑)。本当のローフーディストはこれぐらいの量を1日に2、3回食べるようだが、さすがにこれを毎食では辟易してしまうのがご納得いただけるであろう(^^;)。よって私の場合は1食だけにしている。それに昨日も書いたように、ドレッシングがもう少しいろいろバラエティに富んだものが使えると、毎食サラダでもOKだと思うのだが、いかんせん私の場合は油がだめなのでかなりつらい。本当は塩もだめらしいが、そこだけは玄米菜食のほうを持ち出して、塩で食べてしまっている(^^;)。おいしい塩を使うと、けっこう塩だけでもいける。私は塩とレモンなどで食べている。

このてんこもりの野菜サラダが効いているのか分からないが、今日も下痢で一日中大変だった。お風呂に少々長く入ってものぼせなくなったので、それだけは幸いだが、今日もトイレとお風呂だけで何時間も過ごした。2日連続散歩にも出られなかった・・・。またパッチの調節に失敗し、途中で麻薬が切れてしまい、けっこう痛くて久しぶりに泣きも入ってしまった。そんなわけで、今日はあまり体調が良いとはいえない一日であった。

下痢に関してはカマを少し減量して様子を見るしかないが、またもや調節期間に突入してしまい、これから数日間は大変であろう。新しいことに挑戦すると、その後の調節が大変だがしょうがない。そう考えてみると、いつも調節ばかりしているということは、常に新しいことに挑戦しているという証か!?よく言えばそういうことだが、悪く言えば、しょっちゅう方針を変更しているということか!?(^^;)

今日もついさきほどまでブログを書けるような状態ではなかったのだが、まさにブログを書けるようにタイミングを合わせたかのように、日中交換したパッチの効果がちょうど出てきてくれたのでこうして書くことができている。パッチはきちんと6時間で効果が出てくるので助かるし、すごいと思う。これだからなかなか西洋医学の薬から離れられないのだ・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(211) ひまし油温湿布
(212) 食養生シリーズ⑤-ベジタリアンとヴィーガンの違い-
(213) 下痢便秘
(214) 便秘で苦しい・・・
(215) 人工肛門(ストーマ)を違った角度から考えてみる
(216) ザ・塩酸モルヒネ

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!