西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,855,376

皆様 (みなさま)

退院日決定

hana20061101.jpg
みづきの退院日が11月3日(金)に決まりました。 顔色も良く、便も順調。食欲も旺盛なほどで、食事前には腹ペコ状態となる始末です。 入院生活はすこぶる快適だったようで、退院と聞いて本人はがっかりしている様子です。 先日の骨シンチ検査の結果、骨転移はしていないとの事でした。 昨日、MRI検査をしましたが、結果はまだの状態です。 私も今年の1月より”日常の世界”から”非日常の世界”に放り込まれ、人生観を考えさせら [… 続きを読む]

病気にならない人に対する説明がない

photo20061231.jpg
<写真の説明>私から主人へ贈った「年忘れオードブルー美味十二樂膳ー」(クリックして拡大) 今日が年末だなんて未だに信じられない。私はほぼ毎日銀座へ出かけているので、デパートのディスプレイなどでそれなりに季節や各種イベントを感じることができているが、会社勤めをしないでほとんど外出しない主人にはまったく実感が沸かないのも無理はない。「今日が大晦日だなんて信じられないよ」と言いながら、主人は今日も [… 続きを読む]

今できることをとにかく実行すればいい

やっぱり昨日あの時間にブログを書いておいたのは正解だった。昨日はかなり体調がいい一日であったが、それでも夜9時ごろには痛みが強くなってきて2時間ほどダウンしたので(レスキューはなし)、もし午前中にブログを書いておかなかったら、また痛い話のブログになってしまったに違いないからだ。 というわけで、今日も濃い内容で書きたいことがあるので、今のうち(現在午前11時半)に書いてしまおうと思う。昨日は私の最近の揺れる心を思いっきり吐露できたので自分としては大満足だった。そしておかげさまで皆様から有意義なご意見を頂戴することができ、これまた大満足であった。コメントしてくださった方の真意をできるだけ正確に汲み [… 続きを読む]

デュロテップパッチが剥がれて困っている人に朗報です

littlelee.jpg
<写真の説明>従兄弟が少しでも私の癒しになればと本とCDを送ってくれました。おかげさまで小野リサのボサノバにはすっかり癒されてます・・・(^^) 新陳代謝が良くなる夏は病気治しの最大のチャンス!今年の夏こそガンを撃退するぞ!!と意気込んで迎えたガン2年目の夏でしたが、なんだか大したこともできずに終わろうとしています・・・。思えば去年も同じように意気込んでいましたが、緩和ケアに通いだしたのがちょうど去年の8月 [… 続きを読む]

入院しました

読者の皆様。 いつもみづきを応援して戴きありがとうございます。 みづきは昨晩から胃痛・発熱が出て4回嘔吐し、本日入院しました。 検査の結果、腸閉塞と診断されています。 いつまで入院するかは今後の治療の効果によるようです。 とり急ぎお知らせまで。またお知らせします。 [… 続きを読む]

なんとか事なきを得ました・・・ほっ(^^)

yakimatsumo3.jpg
<写真の説明>母の友人がまた下さいました さてさて皆様お待ちかねのどっきどきの報告です。火曜日に泌尿器科の先生から詳細な説明を受けました。先日ブログで報告したときはどうなることかと思いましたが、結論としては、血液検査の結果も悪くないし、先生もとりあえず今すぐにステントを入れる必要は無いとの判断でした。というわけで、今後は2週間に一度の外来で毎回血液検査をして腎機能の数値をチェックしていくこと [… 続きを読む]

水腎症の恐怖・・・再び!!

roseandsf.jpg
<写真の説明>友人からバラと懐かしのサンフランシスコの写真をもらいました。再びアメリカ・ベイエリアに戻れる日を夢見て・・・がんばります! 一時期私を恐怖に陥れた水腎症。せっかく忘れかけていたのに、ここへ来て再び私を恐怖に陥れています・・・。しかも今回はかなり深刻で切羽詰った状況です。 私はずっと異常な低血圧で、だいたい上が90、下が50という人だったのですが、1ヶ月ぐらい前から血圧が上がりだし、途中はや [… 続きを読む]

やっぱり自己導尿が犯人なのだろうか・・・

皆様お久しぶりです。みづき本人です。いつも私のブログを読んでくださって、またメールやコメントありがとうございます。そうなんです、今までの文章はもちろん私の言葉ですが、実際にパソコンに打ち込んでいたのは私の主人だったのです。ずっとテレビも含めなぜかデジタル的な画像というものを見る気が全然しなくて、いつもベッドに寝ながら私が口で言った事を主人がアップしていたのでした。それがようやくここへきてパソコンをさわる気になりました。少し元気が出てきたのかな・・・?多くの方が私が更新していると思っていらっしゃったみたいですね。でも主人と私を見分ける方法が一つあるんですよ。一応お楽しみということで、答えは次回の [… 続きを読む]

先生の方が一枚上手だった!?

20080801.jpg 【写真】お花を頂きました。私の好きな薔薇が一杯入っています。 何と一週間前に800ccに上限が上がったのに、一昨日から900ccまでOKになりました! 一応この中には私が勝手に自分で巧みだと思っていた作戦が入り込んでいるのですが、結果的には先生の方が私より一枚上手だったのです。 と言うのも、担当のO先生はとても慎重な先生で、あまり冒険はしない先生という印象を私は持っていたのですが、そのO先生が丁度この一週間、夏休みで、お休みを取っていました。 代わりに担当したのがY先生で、私の印象ではY先生は若干 [… 続きを読む]

点滴で口内炎を治しました

20080803.jpg 【写真】大学ゼミの皆が贈ってくれた色紙と北海道の新鮮なトマトです。私は残念ながら食べれませんでしたが、甘くてとても美味しかったとの事です。 やぁーあーびっくりしましたー。 薬って本当に色々な種類があるんですね、そしてやっぱり薬って効くものなんですね、私の症状の原因が口内炎だったとは。 ずっと口の中に白い口のりみたいな物が付いていて、凄く不快で、口を濯ぐ度にその粕がいっぱい出て来ていたのですが、それはまさに口のりだと思っていました。ところが総回診でトップのH先生にそのことを言ったところ口の中を見てく [… 続きを読む]

良い咀嚼の方法を教わりました

20080804.jpg 【写真】ミニーちゃんの電報をいただきました。電報は右手の筒の中に入っていました。 現在私に許されているのは、水分と(何と、お酒もОK)キャンディーとアイスクリームとプリンとゼリーです(そうそう、とうとうアイスクリーム等が許可されたのです)。 しかしこう言う物ばかり食べていると全く咀嚼をする事が無いのです。 よって筋肉が落ちて、ほほがこけて来てしまいました。 そんな時ちょうど婦長さんに会いました。 さすが婦長さんですね。 私のそんな状況を見て、良い咀嚼の方法を教えてくださいました。 私の場合残渣が有 [… 続きを読む]

改めてボランティアさんに感動した話

20080811.jpg 【写真】竹を使ったアレンジが珍しい花など沢山戴きました。 昨日書き忘れましたが、団扇作りの前にいつものミュージックコンサートが緩和ケア多目的室で有ったのですが、今回は私のリクエストしたホイットニーヒューストンの"Ihave nothing"が有りましたので、こちらも外せないと気合が入っていました。 とにかく先日、金曜日は絶対体調を崩せない日でした。 お陰様で前回のブログに書いたように全て参加出来たので、目標は達成できて良かったのですが、ミュージックコンサートを準備する姿を知って、改めてボランティア [… 続きを読む]

変な身体のうずきに悩まされています

20080812.jpg 【写真】アロマポッドと、アクセサリーと、お子様の書いてくださった絵を頂きました。 前にも多少あったのですが、ここのところ頻繁に得体の知れない身体のうずきに悩まされています。 私は頭ははっきりしているのに身体が自由に動かないとゆう、精神と身体のアンバランスによるものだと思っています。 とに角この自分で自由に身体を動かせない状態がもどかしくてもどかしくて、そう言う事を考えるとあちこち身体が痛くなりそのうずき感も出てくるので、なるべく考えないようにしてはいるのですが、他に考える事が無いのでついそう言う事 [… 続きを読む]

耳管開放症が劇悪化してしまいました

20080819.jpg 【写真】金のネックレスをいただきました。 右耳の耳管開放症が劇悪化してしまったため、これが治るまで暫くブログは書けません。 耳は聞こえるのですが、自分でしゃべると物凄い音が耳に響くため話すことが苦痛になっています。 そのためブログは書けないのです。 申し訳ありませんが暫くお待ちください。 それでは今日はこの辺で。 皆様又次回お会いしましょう。 【父記】 [… 続きを読む]

そろそろ苦痛から解放されるかも知れません

20080820.jpg 【写真】パシフィックエッセンスというエッセンススプレーをいただきました。毎朝、私(夫)がこのスプレーをみづきにかけるのが最近の日課となっていました。みづきもリラックスできていたようです。 夫です。皆様の数多くの励ましのコメントを有難うございます。 このブログを通じて、多くの方に支えられて、みづき、家族ともども大きな心の支えとなっています。 さて、みづきの病状ですが、金曜日あたりから耳管開放症の症状がかなり強くなり、頭の中で鐘を鳴らされているような状態となりました。外からの声より、自分自身の声がさら [… 続きを読む]