西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,860,607
594

点滴で口内炎を治しました

次の記事 | 目次
20080803.jpg

【写真】大学ゼミの皆が贈ってくれた色紙と北海道の新鮮なトマトです。私は残念ながら食べれませんでしたが、甘くてとても美味しかったとの事です。

やぁーあーびっくりしましたー。

薬って本当に色々な種類があるんですね、そしてやっぱり薬って効くものなんですね、私の症状の原因が口内炎だったとは。

ずっと口の中に白い口のりみたいな物が付いていて、凄く不快で、口を濯ぐ度にその粕がいっぱい出て来ていたのですが、それはまさに口のりだと思っていました。ところが総回診でトップのH先生にそのことを言ったところ口の中を見てくださり、口のりではなく口内炎だということが発覚したのです。

しかも口内炎を治すのに口に直接付ける薬から経口薬、終いには点滴まで有ると言うではないですか。

私は口内炎と言うのは、皆さんもご存知の通り白い出来物がぷっちっと口の中に出来て痛い物だと思っていたのでこんな口のりみたいな物が口内炎とは驚きました。

点滴で3日(回数にすると1日1回の点滴なので3回になります)で治ると言うので点滴を選択しましたところ、本当に先生の仰ったとおり3回で治ったのです!

私の場合点滴を入れて1日目は少し緩和した感じとなり、2日目には1度ばっと又一瞬出て来たのですが、その後口を濯いだ後それが取れつるつるになり、3日目には完全に治りました。

という事で、今日は短いですが口内炎を点滴で治せることを知らない人への情報提供でした。

それでは今日はこの辺で皆様又お会いしましょう。

【父記】

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(595) 良い咀嚼の方法を教わりました
(596) 耳管開放症になってしまいました
(597) 改めてボランティアさんに感動した話
(598) 変な身体のうずきに悩まされています
(599) 最強の剥離液剤を見つけました
(600) 耳管開放症が劇悪化してしまいました

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!