西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:16,388,129
305

病気にならない人に対する説明がない

次の記事 | 目次
photo20061231.jpg
<写真の説明>私から主人へ贈った「年忘れオードブルー美味十二樂膳ー」(クリックして拡大)

今日が年末だなんて未だに信じられない。私はほぼ毎日銀座へ出かけているので、デパートのディスプレイなどでそれなりに季節や各種イベントを感じることができているが、会社勤めをしないでほとんど外出しない主人にはまったく実感が沸かないのも無理はない。「今日が大晦日だなんて信じられないよ」と言いながら、主人は今日もいつもとなんら変わらない一日を過ごしている。

我が家の大晦日は紅白を見ながら年越しそば(しかも必ず主人は海老天がないとだめ)を食べるのが恒例なので、今朝主人に今日も年越しそばを食べるかどうか聞いてみたところ、今年はいらないという返答だった。しかしそのときの主人の様子がとても寂しげだったのが私はすごく気になっていた。そもそも年越しそばを食べるようになったのは主人が言い出したことであり、むしろイベントを重視しているのは私よりも主人だからである。そんなわけで、今日も日中の散歩で銀座のデパートへ行ったのだが、主人にサプライズのプレゼントで密かにてんぷらを購入して年越しそばの準備をするつもりでいた。

そしたら松屋の地下食品売り場にいたとき、主人から携帯に電話が入った。中華もしくはフランス料理風のおせち料理を買ってきて欲しいというリクエストであった。OK!ということで探してみたものの、いわゆる主人がイメージしているようなものはなかった。銀座アスターにそれらしきものがあったが、大した盛り付けでもなく、普通のお弁当みたいな箱詰めなのに6品で1万円もする!特別料理ならまだしも、内容を見たらごくスタンダードなエビチリ、肉団子、野菜炒め等・・・程度しか入ってなかったので、これで1万円は馬鹿馬鹿しいと思って買うのを渋っていた・・・。

デパ地下は三越のほうが充実しているので、とりあえず場所を三越に移して探すことにした。やはりそれが正解だった。そこで見つけたのがこの写真の「年忘れオードブルー美味十二樂膳ー」である。写真はすでに紐を解いてしまってあるが、売っている状態ではお重のように2段にきれいにパッキングされていて見栄えもよかったし、壱の重、弐の重というようにお品書きまでついていた。これで5775円(税込)。これは絶対主人も喜ぶはず!と、一目で気に入り即購入。その代わり年越しそばのてんぷらは今年はお預けにすることにした(^^;)。早速デパートの帰りに主人の仕事場へ見せに行ったらすっかり気に入った様子。私がデパートに出かけるときは、少々ふてくされ気味で「今日は夕飯はいらない」と言っていた主人だが、すっかり気を取り直し、このオードブルをおかずにして夕飯を食べると言ってきた。よかった!気に入ってくれて。

-------実は今日は紅白をずっと見る予定にしていたので、紅白前に書き始めていた。そしてここまで書いて、とりあえず紅白が始まったので一度中断。しかし紅白を見ながら夕食を食べたところ、食後に痛みが発生、21時にダウンして、ようやく薬が効いて起き上がれた頃には紅白が終わっていた---------

今日はせっかくタイトルの内容で書くつもりだったのだが、痛みは治まったものの、もう0時過ぎてしまっているし、そもそも2時間半も痛みに耐えていたのですっかり書く気が失せてしまった・・・。大事な今年の締めくくりとなるブログの内容が、写真の説明と主人の話に終始してしまったのは非常に残念であるが、これもリアルな感じがしていいではないか。去年の今日は過去記事にも書いたが、神様からの贈り物とも思えるほど調子が良かった。12月中旬にはすでにかなり調子は悪くなっており、一日中ベッドで寝ている生活だったのだが、なぜか年末と正月三が日だけは調子が良くなったのである。おかげで楽しみにしていた紅白も見ることができたし(アメリカだから半日遅れの録画だが)、おせち料理もおいしく食べることができた。もちろんおせち料理については今年は私は食べることはできないが。

よって今年もそれを期待していたのだが、今年は願い届かず・・・それどころかいつも以上に撃沈時間が長かったため、紅白を最後まで見ることはできなかった・・・。それにしても紅白なんて昔はぜんぜん見ていなかったのに、最近は毎年の楽しみとなっている。紅白を楽しみにするようになったなんて、私ももう年をとったということかな!?(^^)

タイトルの内容については、また日を改めて書くことにしよう。けっこう濃い内容のものになる予定なので、腰を落ち着けて書く必要があるからだ。いつも基本的には夜寝る前にその日一日を思い返してブログを書いているが、そうすると痛みが発生することが多いので、日中に書こうと思っていた内容を変更することがよく起こる。だからこの件に関しては日中の調子のよいときに書くことにしようと思う。

それでは2007年が皆様にとってもすばらしい1年になりますように!Happy New Year!!

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(306) MSコンチン増量の効果がちっとも出ない
(307) ベッドに寝ている時間の多いこと多いこと
(308) 病気にならない人に対する説明がない(本編)
(309) 今できることをとにかく実行すればいい
(310) 撃沈時間がなんと7時間
(311) ガン克服の共通キーワードは「マインド」

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!