西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,681,550
600

耳管開放症が劇悪化してしまいました

次の記事 | 目次
20080819.jpg

【写真】金のネックレスをいただきました。

右耳の耳管開放症が劇悪化してしまったため、これが治るまで暫くブログは書けません。

耳は聞こえるのですが、自分でしゃべると物凄い音が耳に響くため話すことが苦痛になっています。

そのためブログは書けないのです。

申し訳ありませんが暫くお待ちください。

それでは今日はこの辺で。

皆様又次回お会いしましょう。

【父記】

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(601) そろそろ苦痛から解放されるかも知れません
(602) セデーションの確認前に昏睡状態になりました
(603) 安らかに息を引き取りました
(604) 闘いの終焉

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!