西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,836,010
63

白血球を増やせ!

次の記事 | 目次
今日は第二回目の免疫細胞療法でリンパ球の注入に行ってきた。30分間の点滴中、一生懸命リンパ球がガンをやっつけるイメージを描いてイメージ療法に努めたが、すぐにうとうとしてしまって、結局中途半端なイメージ療法で終わってしまった(^^;)。このブログを書き終わったらもう一度やってみよう。

このクリニックへは2週間に一度の通院なので、今日聞いた血液データは2週間前のものなのだが、なんと白血球が1700しかなかった!!これでは仮に抗ガン剤をやろうとしてもできない状況であった・・・。当然この低い数字は抗ガン剤の影響と考えられるので、今日とった血液は多少なりとも白血球が増えているとは思うのだが、とにかく白血球が増えないことには病気とも闘えないので、私の当面の目標は「白血球を増やせ!」になってしまった。

しかし、一方で良い情報もあった。第一回目の注入した血液では、培養して増えたリンパ球は40億個だったそうだが、今回は70億個になったとのこと。40億個というのは平均より若干低い数字だそうで、70億個というのはかなり良い数字だそうだ。これはどういうことかというと、血液に元気が出てきているということだそうだ。血液が元気になっているということは、私にとってはとてもうれしいニュースだ。なんてたって、今私は血液の質、血行を良くすることがガン克服の鍵を握っていると個人的に考えているからだ。毎日一生懸命やっている食事療法、運動、マッサージ・・・等々、どれをとっても血液の浄化を目的としているものなのである。

早速家に帰ってこの話を主人にすると、案の定すぐに主人はリサーチを始め、白血球を増やすための食材を調べた。いろいろある中、手っ取り早く大量に摂取できるのがキャベツだった。きっと明日から「キャベツを食べろ、キャベツを食べろ」としつこく言われるであろう(苦笑)。

それにしても今日はけっこう痛みが強かった。痛いせいで朝食を抜いたのは今日が初めてである。ロキソも飲んだがあまり効かず、クリニックへ行く直前までけっこう大変だった。でも外出してからは、緊張も手伝ってか痛みが引き、クリニックの帰りにはマンションのモデルルーム見学(もちろん単なる冷やかし)をするぐらい元気になった。このブログを書いている今も調子はまあまあだ。昨日は夜痛くて寝られず、夜中に起きてロキソ飲んだので、今日はこの調子のまま寝られるといいなあ。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(64) ブログの反響
(65) 痛みと闘い続けた1日
(66) ラベンダーオイルはガンにはだめ!!??
(67) 油断は禁物
(68) 人助けって気持ちいい!
(69) 穏やかな一日

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!