西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,851,759
500

昼食から食事がグレードアップしました

次の記事 | 目次
semisoft.jpg
<写真の説明>今日のセミソフト昼食です。左側から時計回りで全粥小盛、鱈のみそ焼き、白菜人参煮浸し、プレーンヨーグルト、ほうじ茶、かぶ炒め煮

予定通り本日の昼食から食事がさらにグレードアップし、セミソフトという食事になりました!

写真を見ていただいて分かるように、お粥であること以外は、ほとんど普通食と変わりません。魚は今までかならずほぐしてありましたが今回はそのままですし、あえて違いを挙げれば、少し野菜類が普通より柔らかく煮てあるかなあというぐらいです。でも夕食のじゃがいも人参コンソメ煮なんかは、かなりじゃがいもも人参も硬く茹でてあったので、やっぱりご飯以外に違いを感じません。それなのにこれでもまだ普通食との間にもう一段階「ソフト」というレベルがあるんですよー(驚)。そして聖路加の場合、毎日Aメニュー、Bメニューが用意されていて好きなほうを選べるのですが、セミソフト食はだめで、ソフト食からなんですって!(涙)

ですのでなるべく早くソフトに格上げしてもらえるよう、先生にお願いしておきましたー。セミソフトとソフトの違いってたぶんほとんどないと思うので。

最後に私の体調のほうですが、気分は上々、排便も順調で、全身状態的にはすこぶる快調です。なのに、なぜか足がものすごくむくんでいて、それが今の最大の心配事です。もともと冷え性・むくみ体質ではあったのですが、今回のむくみ方は今まで見たこともないぐらい足がパンパンで、まさに象の足のようです。完全に足の甲の骨は見えないし、足首もない状態で、そんな状態が3日続いています。悪いことに、あまりにもむくみすぎで足が重くからむようになり、最近は散歩にも支障をきたすようになってきました。さすがに心配になって看護師さんに見てもらったら、確かにかなりむくんではいるけれど、すごい人はもっとすごいから大丈夫と言われ、少し安心したのですが、でもやっぱり明らかに異常なので心配です・・・。

さらに分からないのは、むくんでいるのに尿量は相変わらず多量で、尿量オーバー状態の日々が続いていることです。尿の出が悪いというのであれば話は簡単なんですけどね・・・。それにブログには書いてませんでしたが、実は3日前にはストーマ(人工肛門)ちゃんが手術直後のときぐらいむくんで真っ赤に腫れ上がってしまい(つまり腸がむくんでいたということ)、これもけっこう私を心配&驚かせたのですが、この3日で次第に改善し、今日には元通りのキュッと引き締まったストーマちゃんになっていました。

以上のことから、身体のあちこちが順番にむくんでは治っていく・・・というサイクルになっているのかなあと、であればこの足のむくみも数日中に治るかなあと思っているのですが・・・。とにかく現在は様子を見るしかありません。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(501) 今週土曜日に退院します
(502) 「今を生きる」ということを少し理解できたかな
(503) 退院したものの、調子を崩してしまいました
(504) むくみはかなり解消されたのですが、まだまだ不調です
(505) なかなか調子が戻ってきません・・・
(506) 久しぶりにレスキューのお世話になりました

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!