西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,122,831
164

またまた便秘モードに突入

次の記事 | 目次
ほとほと参った。今日はまれに見る調子の悪さである。昨日の夜は、とうとう一度も痛みから解放されることなく昼になってしまった。いつもは朝の5時までとか7時までとか、かなり痛みが続いても、最後の最後で解放されてその後はちょっとは眠れたものだが、今日はまったく解放されることなく昼を迎えた。痛みは起きてからも相変わらずで、せっかくおとといに精神的に強くなったのに、さすがに昨日の夜から24時間痛みと闘い続けたので根気負けしてしまった。一度狂ったように泣いてしまった。それでも途中までけっこうがんばっていたんだけどね(^^;)。

どうやら痛みの原因は便秘のようである。そう、また便秘になってしまったのだ。あのカマストップ事件(詳細は6/19-6/25の記事を参照)の恐怖がよみがえる。一応今日からカマ(=酸化マグネシウム)を増やしてはいるが、前にも書いたように、私の場合効果が現れるまで3日かかるので、まだしばらくは苦しみ続けるであろう。それにしてもどうして便秘になったのか。まさかオキシコンチンの副作用か!?それとも単純にそういう周期に入っているだけなのか?直腸ガンの症状として、下痢と便秘を繰り返すというのがあるので、私の場合ガンがなくならない限り、ずっとこの症状は続くわけだ。とにかく便秘が引き起こす圧迫痛は痛み止めが効かないので、対処法がなくものすごくやっかいなのである。さすがのオキシコンチンも、圧迫痛には太刀打ちできないようである・・・。ああ、今日もまた徹夜になりそうだ・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(165) 祈るけど期待しないのがコツ
(166) さすがに余裕がなくなってきた
(167) やっぱり3日目だった・・・
(168) エネマのコーヒーはいったいどこへ消えた・・・?
(169) 中盤戦に差し掛かった
(170) たった5分間の幸せ

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!