西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,277,699
58

下血が心配

旧コメント | 次の記事 | 目次
今日は昨日に引き続きロキソを飲まずに一日を過ごせた。痛みは日中1回ピークが来たが、お風呂に入って温めたらその後軽くなり、夕方もまたマッサージで難を逃れ、とりあえず飲まないでここまで来た。昨日はブログを書きながら湯たんぽをおしりにしていたが、今日は今のところ痛みはほとんどない状態。というわけで、珍しく痛みに関しては割と楽な日であった。

しかし、一つ良くなると必ず別の問題が出てくる(^^;)。今日発生した問題は「下血」だ。直腸ガンだから下血したり便に血が混じるのは当然の症状なのだが、今までの私の場合、便に血が付いていることはあっても、便器の水が血で赤く染まるということはなかった。だが今日はそうだった。どうしてそうなったのか理由は分からないし、これがどういう意味を持つのかも分からない。ちょっと不安な気持ちもあるが、でも細かい一つ一つの症状に一喜一憂していては精神が持たないので、とりあえず様子見ということであまり気にしないようにしようと思う。それにがんセンターはもう私とは関係ないし、聖路加に電話すれば必ず抗ガン剤の話になるから電話したくない。いざとなったら知り合いの医者に聞くとか、あるいは来週の月曜日にまた免疫療法でクリニックに行くので、そのときにでも聞いてみようと思う。

旧コメント | 次の記事 | 目次
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。
記事投稿日:

続きの記事

(59) 下血について
(60) 涙もろくなったのは年のせい・・・?
(61) ちょっとだけ虚しさを感じた日
(62) 家族の協力体制の重要性を再認識
(63) 白血球を増やせ!
(64) ブログの反響

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!