西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,678,024
398

TFKというサプリを目下検討中

次の記事 | 目次
昨日ブログがアップされなかったのは調子が悪かったからではない。途中まで書いていたのだが、早速主人と約束した早寝早起き2日目にして時間切れとなってしまったのだ。あともう少しというところだったので、約束の1時になってしまったときはとても残念だったが、でも一方でメリハリがついて良いとも少し思った。

それはそうと昨日母から聞かれて笑ってしまったのだが、私と主人はこの早寝早起きの件で喧嘩はしていないのでご心配なく(^^)。主人が事務所で寝ると言い出したと書いたので、すっかり母は主人が私にぷっつんきてしまったのだと心配したようだが、この件でまったく言い争いはしていない。単純に主人が「早寝早起きして欲しい」と私にお願いしてきたので私がそれを聞き入れただけのことである。

それでは以下が昨日書いた本文である。

---------------------------------

今日は緩和ケアの定期外来の日であった。主治医にも報告したが、思えばモルヒネを1日150mgにしてから1ヶ月、まったくレスキューを使わずに過ごせているところを見ると、一応この量で落ち着いてきたようだ。まだかなりの頻度で生活に支障をきたす痛みが発生することがあるのでやや不足感は否めないが、そこで例のごとく天秤が登場しモルヒネ増量と痛みの緩和を天秤にかけるのだが、今のところはやはり副作用が怖いのでモルヒネ増量には踏み切れない。現在出ている副作用としては便秘と眠気があり、便秘のほうはカマでなんとかコントロールはついているもののこれ以上増やすとコントロールしきれるかどうか分からないし、眠気のほうは現時点でかなり限界に近い。1日100mgまでは眠気の副作用は出ていなかったのだが、150mgにしてから出てくるようになり、1週間ぐらいで慣れるかと思っていたが一向に治まらなかった。眠気の副作用は最悪な状態になると、人の話を聞きながら寝てしまうぐらいの強い眠気がくるそうだが、もちろん私のはそれほどではないにせよ、一日中眠い感じはあり、お風呂に浸かっていると目を開けていられないほど眠くなるし、ベッドに少し横になるとすぐに寝てしまうという感じだ。とにかく動作を止めると寝てしまうぐらいの眠気は常にある。気持ち悪いというほどではないが、一日中なんとなく頭がすっきりせず、やはりあまり気持ちの良いものではない。よって副作用のことを考えると、現在のこの程度の痛みであれば我慢してしまおうと思うわけである。

さて、お約束のサプリの紹介をしよう。名前はTFK(戸田フロンティ酵素)といって、善玉の微生物が代謝して生み出した生理活性物質を濃縮加工したものである。恐らくこの説明ではいったい何のことだか分からないと思うので、詳しいことはHP(http://www.tfk-corp.co.jp/hito1.htm)を読んでいただきたいが、一言で言えばつまりは酵素で、自然界の有用な微生物が作り出した酵素を補って自然治癒力をアップさせるというものである。

今日はとりあえずこの会社に電話して資料を取り寄せている段階であるが、そもそも普段サプリを紹介されてもあまり興味を示さない私が電話をしてみようとまで思ったのは、看護師さんから「4ヶ月で結果が出る」と言われたからだ。とにかく現在私がやっている治療法はどれも時間がかかるものなので、先日も書いたようにズバッと効くものを探し求めていた私のニーズにぴったりマッチしたのだ。さらにはいろいろなことを同時にやっているしサプリも複数飲んでいるので、実際にはどれが効いているのか効果を測定することは不可能であるが、しかし今から4ヶ月間新規に試すものをTFKだけに絞れば、100%絶対ではなくてもある程度効果を判定できると思うのである。

以上のことからほぼ私の頭の中では購入の意志は固まっていたのだが、今日電話してみてこの会社の姿勢が気に入り、さらにその思いは強くなった。まず一つ目は、自分の病歴及び健康状態の説明文と血液検査の結果を提出すれば、各個人の必要量及び飲み方をコンサルティングしてくれるという点だ。サプリメントを売っている会社で果たしてそんなことをしてくれる会社はあるだろうか?少なくとも私が飲んでいるフコイダンとAHCCに関してはそんなことはしてくれない。ネットで購入してそれで終わりだ。

そして最も気に入った点は、普通ビジネス的に考えれば長期間飲み続けてもらいたいわけだから、あらゆる理由をつけて購入を促すと思うのだが、この会社は「4ヶ月で結果が出なければその人に対しては効かないということになるのでそれ以上飲む必要はない」とはっきり言ったからだ。ちなみに4ヶ月の根拠は、人間の血液が4ヶ月ですべて入れ替わるからだそうだ。さらには私はとにかく一度購入して4ヶ月は試そうと思っていたので、買うつもりがあるということを口に出していたにもかかわらず、逆に担当者のほうが「今すぐ購入を決めるのではなく、資料を見てから納得して買って欲しい」と言ってきたのだ。その真摯な態度に私は好印象を持った。

以上は会社に対する印象だが、私は商品そのものにも好印象を持った。HPを読んだところでは、いわゆるローフードの考えにかなり近いと感じたので、ローフードを取り入れている私にとってはますます試してみようという気にさせた。しかも薬と違って健康食品なので、仮にズバッとガンに効かなかったとしても飲んで悪いものではない。よって試して損はないのである。唯一損があるとすれば、それは健康食品の中でもかなり高額な部類に入るという点である。実際に私が何粒飲む必要があるかどうかはコンサルティングを受けてからになるので正確には分からないが、基本的にはガン患者の場合1日10粒必要だと言われているので、90粒で63,000円の瓶を購入したとして1ヶ月で21万円、効果の是非を判断するには4ヶ月必要なので84万円かかる。やはり普通の人にとっては効果があるかどうかはっきり分からないものに84万円を投入するのは勇気がいることである。私の場合はすでに活性リンパ球療法に1回26万円かかっているので、頻度を現在の3週間に1度から1ヶ月に1度にすることで費用を捻出することにした。

-------------------------------------

とりあえず現在私が知っているTFKについての情報は以上である。資料が近々届くと思うので、またそれで新たな有益な情報があればここで紹介するつもりだ。

それはそうと昨日、この1ヶ月レスキューなしで過ごせているなんて書いてしまったのがいけなかったのかもしれない。今日はレスキューこそ飲まなかったが、朝からずっと痛くて夕方まで起き上がれなかった。夕方ダウンすることはあっても、午前から夕方までダウンすることはめったにないので非常に珍しい。またもやジンクス復活だろうか・・・!?(^^;)

おっと危ない。もうリミットの1時の10分前になってしまった。もう寝る準備に入らなくては。でも今日はなんとか書き終えてよかった。この調子だと1日おきのアップになってしまいそうだなあ・・・(^^;)。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(399) 約束を守るのに四苦八苦(^^;)
(400) お勧めの自然派シャンプー&リンス
(401) 約2ヶ月ぶりのレスキュー(泣)
(402) 世の中の人の研究熱心さに脱帽
(403) 奇跡的にノーダウンの一日
(404) モルヒネ使用中の人に役立つサイトをご紹介

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!