西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,156,989
546

精神的なイライラとの闘い

次の記事 | 目次
shimako.jpg
友人Sさんから励ましの素敵なお花を戴きました。いつもありがとうございます。

今朝は久々によく眠れ、痛みもなく快調な滑り出しをみせていますが、昨日の朝は痛みが強くて大変でした。昨日の痛みは単に腸閉塞の治療のためにMSコンチンをストップしたために起こったものであり、痛みにつきましては麻薬の調整でいくらでもコントロール可能なのでそれについての心配は現在ありません。しかし、最近出現してきたのは遅々として進まぬ治療に対する精神的なイライラ感です。体が辛いのでつい動かなくなる→筋肉が落ちる→ますます動くのが辛くなる・・・勿論、この破滅のスパイラルから抜け出すのには私の精神力以外の何者でもありません。しかし、そのほんのちょっとだけ辛いけど頑張ろうという気持ちを出す事がどんなに大変な事か、かなり良い環境が保たれていないとその気持ちが出て来なくなってしまいました。先週までは、ほんのちょっととはいえ毎日何らかの進展を見せていましたが、今週に入ってからは後退することすらあったりして、それは当然分かっていたことなのですが、やはりどうしてもイライラしてしまいます。よって、昨日と一昨日の朝はワーッと奇声を上げたりしていました。現状こんなところです。それではまた次回までさようなら。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(547) 直腸膀胱神経障害という新たな病名の出現
(548) 人生の引き際を考えてみました
(549) 頭を完全に空っぽにすると言う欲求の体験
(550) リハビリテーションにハマってます
(551) 膀胱が完全に死んでしまいました
(552) 今朝は朝から大騒ぎ!

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!