西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,681,439
559

今のうちに家族を休ませてあげたい

次の記事 | 目次
icerobo2.jpg
<写真の説明>すみません、これがNさんが寄贈したかき氷機でした(^^;)。順番に使っていくそうで、活躍の日を待ちながら現在は棚に保管されています。

自己導尿から常時導尿に切り替えて4日経ちました。すでに報告の通り、順調に改善の方向に向かっています。尿量の問題は完全に解決、質の方もほぼ解決、浮腫はまだ時間がかかりそうですがこちらも少し改善の兆しが見え始めてきました。腸の動きも以前より良くなってきていますし、便もガスもまあまあ快調に出ています。毎日のリハビリによって筋力も少しついてきました。気力も充実しています。

というわけで、久し振りに症状も安定しており体調的にも良い状態にあるので、この機会に私としては家族を休ませてあげたいと思い、とりあえず先週から主人が来ない日を作ることにしました。そして今週からは両親もそうしたいと思っています。

約1ヶ月前の腎ろう造設以降、朝から晩まで主人と両親で手分けして毎日私のそばに誰かいてくれる状態を作ってくれました。さすがに最近は朝から晩までというわけではないですが、それでも毎日家族が来てくれています。主人は毎日午前中の数時間、両親はどちらかが午後3時ぐらいから夜の8時過ぎぐらいまで毎日来てくれています。

私がこんなに安定しているのはこれから先そう無いと思うので、可能なうちにできるだけ家族を私から解放してあげたいと思い、主人は週に2日間、両親も趣味の山登りにできるだけ行けるようにやはり2日間ここへ来ない日を作りたいと思っています。両親は二人でやりくりできるので、一人当たりは隔日ぐらいになれるのではないでしょうか。であれば、かなり今までに比べ楽になると思うのでぜひそうしたいです。

平日はおかげさまでボランティアさんもたくさんいてくださいますから私も暇を持て余すという事はないので、本当にボランティアさんの存在は助かります。問題はボランティアさんのいない週末ですが、両親も友人と山登りに行く場合は週末に行きたいらしいので、現在週末をどうするか両親と調整中です。私もいつまでも甘えてないで、せっかく両親を解放してあげたいと思ったのですから少し我慢しなければいけませんね(笑)。まだテレビは見る気にはなれていませんが、本は読めるようになったし、パソコンに向かう気にもなったし、たぶん時間はあっという間に過ぎるだろうと思います。マッサージしてもらえないのが残念ですが、毎日マッサージしてもらっているというのも逆にかなり贅沢な生活と言えましょう。

最後に主人と私の見分け方の答えですが、皆さんさすがです!正解です!私は<写真の説明>とつけて色も紺色にしています。あと昨日主人が書いた文を初めてチェックしたところ、漢字の使い方がかなり違うことに気がつきました。主人は漢字が好きなようで、漢字を多用していましたね。私の文の方がひらがなが多いと思います。これにつきましてはそんなところでしょうかね。

それでは今日はこの辺で。また次回お会いしましょう。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(560) 浮腫の原因が分からずブルーです・・・
(561) 浮腫が解消されるどころかひどくなるばかりでブルーです・・・
(562) ようやく浮腫改善の兆しが見えてきました
(563) 今週金曜日退院なのですが大丈夫か心配です
(564) 退院が延期となりました
(565) 何とかチャンスを生かしたいのですが無理そうで・・・ぐすん・・・

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!