西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,122,829
383

痛みのせいで痛恨のミス

次の記事 | 目次
morzart.jpg
<写真の説明>大学の友人からヒーリングにともらったCD。クラッシックの中でも特にモーツァルトが効果が高いそうだ。もう一方のCDはbelieveという曲がお勧めだということでくれたのだが、本当にすばらしい曲だった

モルヒネを150mg/日服用するようになってようやく痛みのコントロールができてきたので、また性懲りもなく私の挑戦心が出てきてしまい、2日前から140mg/日に減量していた。それが原因か、それともたまたま痛いサイクルに入っていたのか分からないが、昨日と今日、久しぶりに痛みでダウンした。そしてなんと今日の夜、翌朝に飲む分のモルヒネを間違って飲んでしまうという、痛恨のミスを犯してしまった!!

私は痛みでベッドに横になっていた。しかしすでにその時点で20時のMSコンチン(モルヒネ)を前倒しで飲んでいたので、あとは薬が効くのをじっと待っていた。母がニンジンジュースを作ってくれたので、それを飲むために起き上がった。そしてそのニンジンジュースでサプリを飲むつもりだった。しかし私の部屋からリビングまでよろよろと歩いている間に「この痛いのをなんとかしたい」という思いで頭が一杯だった私は、まさに無意識にサプリの瓶の代わりにMSコンチンの袋をつかんでしまったのだろう。そのまま20時半に再びモルヒネを飲んでしまったのだ!!

飲んだときにはすでに前倒しで飲んでいたことをすっかり忘れており、自分としてはきちんと20時の分を飲んでいると思っていた。しかし翌朝の分としてMSコンチン60mg錠がもう一錠あるはずなのに、現時点で一錠も残ってないではないか!!そこでようやく自分が翌朝の分を誤って飲んでしまったことに気がついたのだった。

私は叫んだ。「ママ、やばいよ!私、明日の分のモルヒネも飲んじゃったよ!!」私と母は正直パニクった。だってモルヒネを70mgも多く飲んでしまったのだから。母が冗談で「吐き出しなさい!!」と言ったが、もう飲んでしまったものは吐き出せない(苦笑)。すぐに緩和ケアに電話してどうすればよいか聞こうとしたが、私は痛くてとても電話ができる状態ではなかった。したがって、もう飲んでしまったものはしょうがないから、とにかくあとで緩和ケアに相談するということで、とりあえず二人とも落ち着きを取り戻した。

とにかく心配なのはその副作用だ。一気に増量したので、吐き気や眠気、倦怠感などが出る恐れがある。増量したおかげで痛みのほうはばっちり抑えられたが、とうとう数時間たって眠気と吐き気の副作用が少し出てきた。ブログを書き始めたときは平気だったのだが、まさに今、気持ち悪くなってきて、目がぐるぐる回ってきた。というわけで、もう寝ることにしようと思うが、緩和ケアに電話さえしなくていいと思ったのは、確かに70mgは多かったが、まあレスキューを飲んだと思えばさほど大騒ぎするほどのことではない。よって誤って飲んだ直後は大事件だと思ってあたふたしたが、冷静になって考えてみたら、単純に不要なレスキューを多く飲みすぎてしまっただけのことだったのである。今出ている副作用も明日の朝には治っているだろうから心配はないと思うが、一番気になるのはやはりモルヒネ増量による便秘だ。せっかく今日のコーヒー洗腸は大成功で、今までの分が一気に出たという感じで気持ちよくなっていたのに、また便秘にならなければいいが・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(384) すっかり調子が狂ってしまった
(385) お腹ギュルギュルで気持ち悪ーい
(386) 今日は痛みで一日中ダウン
(387) 事務所の引越し
(388) 洗脳、大いに結構じゃないか
(389) 気がかりなことって何ですか?

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!