西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:16,392,849
188

レスキュー発動!

次の記事 | 目次
flower0905.jpg


なんとか今ブログを書いているが、実はひーひーふーふー状態なのだ。夜10時の排便で強い痛みが出始め、なんとか痛みを軽減すべくあらゆる手を尽くしたが、今日の痛みは頑固でまったく軽減される様子がないので、とうとうレスキューの痛み止めを頓服することにした。まずはリンサコデインを飲んでみた。これは咳止めの薬なのだが、一部痛み止めの成分も入っているので、私にはレスキュー薬として処方されている。しかし飲んでから30分経過してもまったく効果が現れてこない。よって次なる薬をどうすればよいか、また立て続けに飲んでも良いか分からなかったので、聖路加の緩和ケアに電話した。そしたら飲んでもいいということだったので、例の抗てんかん薬のランドセンを飲むことにした。それからボルタレンも飲んでいい時間になったので飲んだ。その他、今まで痛くてぜんぜん飲めていなかった通常の薬たち・・・カマや大建中湯、タケプロン、サプリ類、等々・・・膨大な量の薬を一気に流し込んだ。

以上のことから、痛くてとても書けるような状態ではなく、実は今日もブログはお休みする予定でいたのだが、レスキュー薬を飲んでちょうど痛みが引いてくるまでの間、寝てても起きてていても同じように痛いので、だったらブログでも書くか、ということで、このように書いている次第である。最近、ブログを書く余裕すらなくなってきている。私の楽しみを奪わないで欲しい。ブログを書くのは唯一の楽しみなのだから。

それにしても、夜中に緩和ケアに電話して相談できたのは、本当に心強かった。今まではそういうことができなかったから、なすすべもなく翌朝までひたすら痛みに耐えていなければならなかった。そういう点でも、緩和ケアに変更した意義は大きい。

少し痛み止めが効いてきたかな?ランドセンの副作用である眠気も出てきたようだ。ちょうどいいタイミングなので、このまま眠ることにしよう。本当は便秘解消にエネマをやってから寝ておきたかったが、もう今日はその気力も体力もすでに使い果たしてしまった・・・。なかなか思うようにことが進まず、毎日悪戦苦闘だ。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(189) レスキュー発動しまくり
(190) 漢方の次は鍼に挑戦、しかし・・・
(191) みんなが思っているほど私は元気じゃない
(192) 食養生シリーズ③-玄米菜食はもう古い?今はローフード(生食)の時代?-
(193) 本を読むのが楽しくてしょうがない
(194) CT検査の結果

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!