西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:16,156,891
107

カマと決別できるか!!??

次の記事 | 目次
今日は退院後、つまりここ3ヶ月で初めて自然排便がなかった日であった。必ず朝一番にあった排便がなかったので、出だしからちょっと不安になったが、朝の散歩もできたし、また日中も一度も排便がなかったにもかかわらず圧迫痛もなく夕方の散歩もできたので(コレド日本橋と日本橋高島屋に行ってきた!)、出なくても問題ないようだ。昨日のエネマの成功でさすがに便が残っていないのだろうか?それとも相変わらずの便秘なのか?原因は分からないが、苦しくないということは、あまり問題ないということだと思う。身体は正直だから。

結局夜まで排便がなかったので、寝る前にエネマをやることにした。昨日も書いたように、エネマは便を出すだけでなく肝臓の浄化を目的としているので、毎日やってよいのである。ましてや私のようなガン患者の場合は、一日一回どころか5回ぐらいやったほうが良いと言われている。でもさすがに時間および気力・体力的に5回は無理だ。せいぜい2回が限界だ。

ちなみに今日のエネマは手作りコーヒー液で試してみた。計算してみたら1回あたり240円であった。だから1缶300円よりはコストダウンしたが、今日のは250g1200円もする有機コーヒーを使ってしまったので(そんな高いコーヒーを使う必要ないのに馬鹿だった・・・)、どうせ飲むわけではないのだから次回は安いコーヒーを買おうと思う。いつも親切にいろいろ教えてくださる佐藤さんという方が情報をくれたのだが、200g500円ぐらいの安い有機コーヒーも売っているそうなので、それを使えば1回あたり100円以内に収められる。そのぐらいになると助かるなあ。

800cc入ることをを期待して1000cc作ったが、500ccしか入らなかった。やはりそんなにトントン拍子にうまくはいかない(^^:)。まあそのうち800cc入るようになるであろう。注入に苦労した以前の状況を考えると、注入量、待機時間等、すべてにおいてかなり成長しているから。エネマで成長してもあまり自慢にもならないが(^^;)。

ところで、エネマを順調にやり出したことで、新たな悩みというか挑戦するべきことが発生した。「カマとの決別」だ。毎日浣腸をやるということは、自然排便はなくなるのではないだろうか?となると、カマ(緩下剤)を飲んでいちいち便をやわらかくする必要はなくなるのではないか?そんな期待を含んだ考えが出てきたのだ。とにかくカマは化学薬品だから、せっかく食事療法で化学的なものを一切摂取しないようにしていても、薬を飲むことで効果が半減してしまう。だからといって、現状カマを断ち切る勇気はない。だから前からカマとロキソをいつ飲まなくて良くなるのだろうかと悩んでいたのだ。

やはりそれには癌が小さくなってくれるしか道はないと思っていた。癌が小さくなって便が出やすくなればカマは不要になる。そしてそれによって痛みが軽くなればロキソも不要になる。こんなストーリーを描いていたのだが、もしかしたらそうなる日も近いかもしれない。というのも、最近便秘で便の回数が減ったせいもあり、痛みが軽かったため、ロキソも1日1回で大丈夫であったからだ。今日に至っては久しぶりのノーロキソだった!!まさに1ヶ月ぶりだ!だから、もしエネマで1日1回か2回の排便で済むようになれば、カマもロキソも不要になるのではないかと思う。

最後に、2日連続で便だの浣腸だの、そんな汚い話ばかりしてしまったので、お詫びの意味もこめて楽しくなる画像をご紹介したい。これも上述の佐藤さんが「幸せのお裾分け」ということで送ってきてくれたものだ。これを見て私も思わず笑みがこぼれた。なんともホッとできるビデオなので、ぜひ鑑賞してみて欲しい。

http://video.google.com/videoplay?docid=3224253477372538278

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(108) 犯人は黒ゴマだった
(109) 大事件が起こってしまった
(110) きれいな花壇を見て複雑な気持ちに
(111) ノー泣きの日々
(112) 難しい判断を迫られる
(113) 自業自得とはいえつらい・・・

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!