西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,830,394
519

最悪な4日間でした

次の記事 | 目次
manshingwear.jpg
<写真の説明>大学ゼミの友人からもらいました。マンシングウェアのかわいいマフラー

ここ最近痛い話しかしていなくてすみません。でも痛くてしょうがなくて、今の私にはそれ以外の話題がないんです。そんなに痛いのならレスキューを飲めばいいのですが、やっぱりまだこの痛みは良い痛みなのだと信じていて、限界までは飲まずに我慢していたくて・・・。そんなわけでここ最近調子が悪い私ですが、この4日間はその中でも最悪な4日でした(涙)。

まず3日前ですが、再び激しい胃痛に昼間襲われました。胃薬のタケプロンを前倒しで飲んでベッドに寝ていることで時間の経過とともに胃痛は治まりました。先日の胃痛のときは温めたら逆効果でしたが、今回は気持ちよかったのでお風呂もきっといいと思い、その夜半身浴をしました。そしたらまた先日と同じ意識が遠のく体験をしてしまったのです!!今回は前回よりは多少のぼせが軽かったのと主人が在宅だったので気持ち的には安心でしたが、でもまた一瞬でも気を緩めたら意識を失って倒れそうで呼吸もかなり苦しく、身体が濡れたまま這うようにしてベッドまで戻り、そのまま倒れこみました。ベッドに倒れこんだまま1時間ぐらい眠ってしまいましたが、起きたときにはとりあえずのぼせは解消していました。今から考えると、胃痛で寝ていたときに変な汗をけっこうかいていたので、この日は身体の温度調節がうまくいってなかったのだと思います。

翌日もまた軽い胃痛が発生しました。昨日は1日中痛みで泣きました。夜も痛くてほとんど寝られませんでした。そして今日、朝起きた瞬間からすでに痛かったのでさすがに私の我慢も限界に達し、とうとうレスキューを飲みました。レスキューは効果を発揮するのも早かったけど(10分ぐらいで効きました)、2時間ぐらいで切れてしまい効果が薄れるのも早かったです。レスキューは1時間ごとに追加で服用していい薬なので、痛い場合はまた飲めばいいのですが、そこまでの痛みではなかったので結局追加で飲むことはしませんでした。よって今日も結局一日中なんとなく痛い一日となってしまいました。でもまあこうしてブログを書く気力が出るぐらいにはなったので、それだけでもレスキューを飲んだ甲斐があったというものでしょう。そうでなければ、とてもじゃないけどブログを書くことができない状態でしたから。

それにしてもいつまでこの痛みは続くのやら・・・。もうけっこう私の中では我慢の限界にきているので、今後はもう痛い場合はレスキューをすぐに飲むだろうと思います。レスキューを頻繁に飲むようになると、今度はまたモルヒネのベースをあげなくてはならなくなるので、せっかくしばらくの間ベースアップなくやってこれたのですごいショックです・・・。

ちなみに最近たまに起こる胃痛についてはさすがに心配になってきたので主治医に相談しましたが、やはり予想通り原因は分からずで、別の胃薬の処方をされるだけでしたのでお断りしました・・・。

みなさんも本当にごめんなさいね・・・。こんな話ばかりでなく、もっと他の話で書きたいこともたくさんあるのですが、いざ書くとなると痛いので時間もあまりかけられないし、そうなると結局体調報告だけで終わってしまうのです・・・。まだもうしばらく痛い話におつきあいいただく日々が続きそうですが、どうぞ辛抱くださいませ。ではでは。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(520) 今度は高熱でダウン・・・
(521) 残念ながら好転反応ではないようです・・・
(522) 入院しました
(523) 入院長くなりそうです
(524) 食事が開始されました
(525) 血液検査の結果が悪く一歩後退してしまいました

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!