西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,384,056
296

ボルタレン効果もここまでか・・・

次の記事 | 目次
christmasbreads.jpg
<写真の説明>友人から届いた手作りパン。ドイツのクリスマスといえばシュトーレンだが、シュトーレンを食べられない私のためにシュトーレン風のバゲット(左上)を作ってくれた(喜)。干し柿ももちろん手作り。見た目も味も絶品!

MSコンチン(モルヒネ=麻薬)増量の代わりに私の体質に合っていると思われるボルタレンを増量することで痛みの緩和をはかったところ、ばっちり効果が出てこの2日間は比較的楽に過ごせたのだが、もう3日目にして効果が薄れてきてしまったのか・・・?今日は一日中痛かった。毎日、痛い痛いと泣くことにも疲れてきた。ここ最近また少し痛み疲れが出てきてしまっているので、痛みのコントロールが急務になってきている。明日にでも緩和ケアの診察予約の電話をしてみようかと思う。しばらく緩和ケアのT先生にもお会いしていないので、そろそろ会いたくなってきたかな(^^)。さすが緩和ケアの先生だけあって、不思議と会うだけで心休まるのだ。

昨日仕事のためブログをお休みしたので今日はたくさん書こうと気合が入っていたのだが、書く直前になって痛みが発生してしまい、またつまらない痛みの話になってしまった。明日は痛みのコントロールがうまくできていればいいのだが・・・

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(297) 医者は薬のことを知らない
(298) 夫婦二人三脚での仕事
(299) 口内炎が痛くてたまらん!
(300) 合理主義者である私のはずが・・・
(301) 三重苦
(302) 口内炎のメッセージを読み取れ

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!