西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,373,309
142

ガス出しに効果ありの指圧

次の記事 | 目次
今日は父の友人の指圧師の方が、わざわざ私の自宅まで来てくださり、なんと2時間半にわたって丁寧に指圧をしてくれた。到着前までは痛くてベッドに横になっていたのだが、指圧をしてもらいたいがために!?身体がちゃんと応えてくれて、ちょうど痛みも治まりベッドから起き上がったところに”ピンポーン”が鳴った。

それからの2時間半は、それはもう至極の時間であった。指圧のポイントは、ゆっくり押すことはもちろん、重要なのは離すときも同じぐらいゆっくり離すことだそうだ。押すポイント、力の入れ具合、やはりプロはさすがだと思った。ゆったりと時間が流れ、なんともいえない指使いが心地よく、終わったときには本当に身体が軽くなっていた。そして2時間半はまったく痛みを感じずに過ごすことができた。

今日の収穫はこれだけではない。その方も意外な効果に喜んでいたが、偶然にもガス出しにかなり有効な方法を発見した。それは骨盤の指圧矯正だ。なかなか説明が難しいが、腰骨の少し下に両手を入れ、ぎゅーっと上に引き上げるのだ。この矯正の目的は、私の場合骨盤が開いている(つまりおなかが平らになってしまっている)ので、それを少し内側に戻してあげることで腹部に空間を作ってあげるということだそうだ。その矯正指圧が意外にもガス出しに効果を発揮した。それまでは完全に腸の動きがストップしていたのだが、なんとそれをやりだしたとたん、腸の動きが活発になり、ガスがうまく排出されたのだ。今までなかなかガスを出す良い方法がなく苦労していた私としては、今回のこれは大発見でものすごくうれしい。やはり腹部に空間を作ってあげたことで、腸も動きやすくなったのだろうか?

そんなわけで、今日は比較的調子よく過ごせた一日であった。ちなみに蕁麻疹のほうはまだ広範囲に出てはいるが、明らかに色は薄くなってきており、発疹の盛り上がりもなくなってきている。おなかの発疹は現時点で完全に消えた。薬疹の場合は1、2日でなくなるという話に照らし合わせると、もう3日も経っているので原因がボルタレンであるかどうかは不明だが、薬の効き目も引きもすべて人の3倍時間がかかる体質の私なので、やっぱり薬疹の可能性が高いような気がする。いずれにせよ、明日は水曜日で主治医の外来の日なので、病院に行こうと思う。CTを受ける9月7日までは病院に用はないと思っていたが、なんだかんだで病院通いが続いている今日このごろである・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(143) 骨転移しているかも・・・
(144) 麻薬の効果はすごい
(145) 医者の言葉の威力
(146) 精神力でなんとでもなる
(147) 大泣きの意外な効果
(148) 前向きなつらさを選択する

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!