西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,139,488
141

薬疹の場合

次の記事 | 目次
flower_mikko.jpg


昨日の夜は最悪であった。23時にロキソを飲んで寝たものの痛くて寝付けなかったので、夜中の1時半に2錠目のロキソを飲んだが、それでもあまり効果がなくほとんど眠れなかった。30分ぐらいガッと寝て、目が覚めて、トイレに行って、ベッドの中で30分ぐらい痛みと闘って、でまた30分ぐらいガッと寝て・・・。1時間ごとにこれの繰り返しであった。ようやく朝の7時ぐらいになって痛みが和らいできたので、9時までの2時間は少し集中して眠ることができたが。

しかし、起きてからは今日は比較的調子のよい一日であった。よって朝の散歩がてら、いつも使っている薬局へ薬剤師に蕁麻疹のことを相談しに行ってみた。聖路加病院の近くにある大きな薬局なのだが、年中無休かつ単なる質問だけでも気軽に応じてくれるので非常に助かる。月曜日は主治医の外来の日なので、一応通り道なのでだめもとで聖路加の診察券も持って出たが、やはり今日は祝日だから休診であった。

薬剤師に腕の蕁麻疹を見せてボルタレンの副作用と考えられるかどうか尋ねると、大いに考えられるとのことであった。しかし薬疹の場合は、その薬さえ止めれば1、2日で消えてなくなるとのことなので、分かりやすくてよい。そのことが分かっただけでも今日聞きに行った甲斐があった。2日後の水曜日はまた主治医の外来の日なのでタイミングも良い。もし薬疹だったら相談しに行こうと思う。

昨日も書いたが、とにかく唯一救われるのは、さほど痒みがないことだ。普通にしていれば痒みはほとんど感じない。手でこすったりすると多少痒いが、それでもものすごく痒いわけではない。よっぽど蚊に刺されたときのほうが痒い。

たった今再度全身をチェックしてみたが、相変わらず両腕一面(特に内側。蕁麻疹は皮膚の柔らかいところに出やすいらしい)には出ているものの、おなかの蕁麻疹はかなり薄くなったようだ。その代わりといってはなんだが、足の蕁麻疹は昨日より少し増えたみたいだ。まあとにかく2日後に薬疹かどうかの結果が分かる。薬疹だったら対応しやすいという安心感があるにはあるが、好転反応を期待している私としてはその場合はがっくりかもしれない。一番避けたいのはヨーグルトアレルギーであることかも!?(^^;)今日も豆乳ヨーグルトを食べたが、けっこうおいしくてQOLアップに一役買っている。おいしいといっても、もちろん私にとって、というかまずいものばかりを食べている現状において・・・の話であるので、一般の人にはあまりおいしいものではないと思う。やっぱり牛乳を使ったヨーグルトのおいしさにはかなわない!!ただ、健康を重視する人にとってはすごくいいものだと思うので、もし興味がある人は参考にどうぞ。

http://www.aoyamafoods.co.jp/

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(142) ガス出しに効果ありの指圧
(143) 骨転移しているかも・・・
(144) 麻薬の効果はすごい
(145) 医者の言葉の威力
(146) 精神力でなんとでもなる
(147) 大泣きの意外な効果

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!