西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:12,011,448
494

今日は気力・体力ともに充実しています

旧コメント | 次の記事 | 目次
ryudoshoku.jpg
<写真の説明>これが流動食Bです。この日のメニューは左から、ほうじ茶、重湯、魚のすりみ汁、レバーペースト、牛乳、プリンです。

ガスも便も今のところ順調に出ています。昨日かなりおなかのギュルギュルが強すぎて苦しんだので下剤(ラキソベロン)を60滴から30滴に減らしたのですが、それでもちゃんとガスも便も出ているのでひとまず安心しています。そして何よりも私を喜ばせているのは、昨日の夜から食欲が出てきていること、そして今日はそれにともない気力が充実していることです。流動食Bになってから、けっこう量も多くておなかがすくことはあまりなかったのですが、昨日の夜はぜんぜん足りなくて、夕食後に冷蔵庫にあったヨーグルトやプリンを2つも食べてしまいました。

量は多いといっても、写真を見てお分かりの通り、こんなものなんですよ。これでおなかが一杯になるのですから、やっぱり普通の感覚からすると決して健康とは言えないですよね。ちなみに流動食Aは、ほうじ茶とジュースと具のない味噌汁だけでした。さすがに2品だけのAはきつかったなあ・・・。それがBになるとだいたい4から5品出てきて、昨日なんか、チーズフラマンジェなんていうしゃれた名前のデザートまでついてきて、ものすごい充実振りです。でも今日もけっこう食欲旺盛で、Bでも若干物足りなさを感じてきました。

すべては明日のレントゲン検査の結果で決まります。明日イレウスが解消されていれば、早速週末から食事の質がアップします。でもだめだったら・・・まだしばらくはBのままです・・・。週末は先生が基本的には自宅待機でお休みのためすべてのことが進まなくなるので、週末前に良い結果を出さないと月曜日まで何も好転しなくなります。たったの2日間と思うでしょうが、食事しか楽しみがない病人にとって、週末の6食がグレードアップするかどうかは、かなり重要なことになってくるのです。楽しいことが6回続くかどうかと考えれば、みなさんも少し想像がつくのではないでしょうか(笑)。

2日連続でブログを書いているというだけで、いかに私の調子がいいかがお分かりいただけると思います。どうか明日イレウスが解消されていますように、みなさんも一緒に祈って、私に力をお貸しください!お願いします!!

旧コメント | 次の記事 | 目次
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。
Tags:大腸がん 記事投稿日:2007-11-01

続きの記事

(495) なんとか検査に合格しました!
(496) 薬の調節に苦労しています
(497) またもやなんとか危機を脱出
(498) 出口は見えるものの、遠い出口・・・
(499) 新たな自分と出会えた喜び
(500) 昼食から食事がグレードアップしました

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!