西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,124,750
129

試飲で気分は最高!

次の記事 | 目次
痛みは相変わらずだが、今日は夕方から久しぶりに痛みが軽くなり、それによって気分も上昇、雨なんかなんのそので、ロングジャーニー(長時間の旅)に出かけた。母を築地市場駅まで見送った後、その足で日本橋高島屋まで行った。地理に詳しい人であれば、この距離を歩くのはかなりのものだと分かってもらえると思うが、時間でいうと合計2時間の散歩であった。傘をさして荷物を持ってだったので、いつものウォーキングのように早足では歩けなかったが、それでも2時間歩くというのはなかなかのものではないか(^^)。

日本橋高島屋まで行ったのには理由がある。それは主人が全粒粉のパンを試してみると言ったからだ。本当は私のように玄米ごはんを朝食にして欲しいのだが、忙しいという理由で毎朝主人はコンビニで買うような食パンを食べているので、せめて全粒粉のパンを食べてもらいたいと思ったからだ。主人が気に入って全粒粉のパンを食べてくれるようになるといいのだけど・・・。

これが日本橋までがんばろうと思った最大の動機であるが、次なる理由は明日の母の誕生日プレゼントを買うことであった。プレゼントはデパートであればどこでも良かったので、銀座で十分だったのだが、全粒粉のパンが日本橋高島屋にしかないので、日本橋に行ったというわけだ。このブログは母も読んでいるので、本当は書きたくなかったのだが、まあいいだろう、ネタ証してしまおう(^^;)。

母のプレゼントは至極簡単である。なぜならお酒を買えばいいからだ(笑)。私も以前はそうであったが、何をもらうよりおいしいお酒をもらうのが一番うれしかった(もちろん宝石とかもうれしいけど!)。その点ではのん兵衛へのプレゼントは楽でいい(^^)。でもちゃんとお酒以外にもう一つ用意してあるのだ。へへ。それは明日来てからのお楽しみだ。明日は本来は我が家へ来る日ではないのだが、銀座で用事があるので、私にマッサージをしてくれるためだけに来てくれるそうだ。しかも用事は夜だから、本当は夕方ぐらいに我が家に来れば十分だったのだが、私が明日の午後は免疫療法で外出しなければいけないので、私に合わせてわざわざ午前中から来てくれることになった。まったくありがたいことである。

そんなわけで母のお酒を物色しに行った。当然おいしいお酒を買うには試飲しなければいけない(^^)。それを理由に、超久しぶりに試飲した。おいしいぃぃぃぃぃぃーーーーーーーー!!!!!!!!!ああ、久しぶりのお酒!!!!!!!おいしすぎるぅーーーーーーーー!!!!!

でも私が喜んだ一番の理由は、お酒を飲めたこと(=飲んだという事実)ではない。飲んで「おいしいと感じることができたこと」だ。かなり前にちょっとだけなめたことがあるが、そのときはおいしいと感じなかった。まだあまり健康ではなかったのであろう。やっぱり身体が受け付けてないのだとそのとき思った。でも今日はあきらかに「おいしかった」。しかも味の違いがものすごくよく分かった。5種類飲んだのだが、お店の人が言うとおりの味の違いがものすごく良く分かった。そして金賞受賞したのを飲んだときは、ああ、やっぱり値段が倍するだけあるなあと、その味の良さを感じることができた。そして5種類試飲したけど(怒られそうなので先に言っておくが、ものすごいケチな注ぎ方だったので、量は本当にたいしたことはない!)ぜんぜん酔わなかった。もともと割りとお酒は強いほうだったのだが、さすがにこれだけ何ヶ月も飲んでないから、試飲程度でふらつくかなあとちょっと心配していたのだが、そんな心配はまったく無用であった。みづきの酒豪ぶりは健在であった!!!(喜)

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(130) 痛くてどうしようもない!
(131) 見出せぬ解決の糸口
(132) 音楽療法
(133) モルヒネについて考える
(134) 食事療法を行う際の家族の苦労
(135) ボルタレンに期待をかける

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!