西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,373,014
485

モルヒネ増量しました

次の記事 | 目次
shimakoflower.jpg
<写真の説明>私がすごく落ち込んだときなど、いつも絶妙なタイミングでお花を贈ってくれる友人に感謝です

昨日はたくさんのコメントをありがとうございます。他のがん患者さんのブログでもそうですけど、本人が落ち込んでいるときは、多くの方が応援メッセージを書き込んでくださいます。こういうのを見ると、世の中いい人が一杯いるのだなあと心から感じますね。まだまだ日本も捨てたもんじゃあないです(^^)。

おかげさまで私の精神的な落ち込みのほうは改善されつつあります。また前向きに物事考えられるようになってきました。Yujiさんがコメントに書かれていたように、私のガンが進行しているのは事実ですが、でもやっぱり今から別の治療法に変えるつもりはないですね・・・。もちろん今更抗がん剤等をやるつもりは一切ないので、あと試すとしたらゲルソン療法ぐらいなのですが、やっぱりどう考えても私にはゲルソンは無理です・・・ね・・・。それに私の治療法が間違っているとは思っておらず、じゃあなぜ効果が上がっていないのかというと、それは私の治療に対する真剣さが不足しているか、あるいはガンの勢いがそれ以上だということだと思います。自然療法は完治の可能性があるというだけであって、万能ではないですからね。というか、やっぱり統計を取れば完治できない方のほうが恐らく圧倒的に多いのだと思いますし。いずれにせよ、私自身このまま結果がたとえ悪いものになったとしてもまったく後悔の気持ちはありませんので、それでいいと思っています。

さてさて今日のタイトルにも書きましたが、今日からモルヒネをまた20mg増量しました。3日前から痛みが常時出るようになり、今日増やしてみて確信したのですが、やはりモルヒネが不足していたようです。おかげで今日は調子よく、こうやって2日連続でブログを書くまでに至っています。薬で抑えて調子が良い・・・というのも少々複雑な気持ちですが、でもやっぱり結果調子が良いのはうれしいです。せっかくコンスタントに出られるようになった散歩ですから、このまま継続していきたいですしね。やっぱり歩けなくなったらおしまいですから。そして食べられなくなった場合もね。というわけで、まだまだ完治方向になかなか向かっていかない私の身体ですが、とりあえず今は胸水を減らすことに注力してがんばっていきたいと思います。それでは今から散歩に出かけてきますね!

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(486) 一番大切な言葉は・・・それは「感謝」
(487) アルダクトン効果を期待して!再開しました
(488) アルダクトンの効き目はまだ現れず
(489) 入院しました
(490) 入院後の経過1
(491) 病室より

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!