西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,688,689
467

最高の癒し「おばあのポッドキャスト」

次の記事 | 目次
yakimatsumo.jpg
<写真の説明>母の友人から宮城県石巻市のお土産としていただいた「焼まつも」という海藻を乾燥させた食べ物。初めて食べたがものすごくおいしい。お味噌汁に入れてもいいし酢の物に入れてもいいしなんにでも使えるようだが、そのままポリポリ食べるのが一番おいしいというのが私と母との共通意見

前回の記事には多くの方からコメントをいただき本当にありがとうございます。すべてのコメントに目を通しましたが、しかしもうどう考えてもコメントの返信をする余裕はないので、ご容赦いただきたい。今日もこのブログを書き始めているのは実は0時で、本当は寝なくてはいけないのだが、3日あいてしまったので主人に特別に許してもらって書いている。

今日はマッサージの日だった。先週までは翌日に反応が出ていたのだが、今日はさらに反応が早く出るようになり、マッサージの帰り道からすでに身体がおもーくてしかたがなかった。足を引きずるようにしてようやく家へたどりつき、おなかがすいていたが痛いのとだるいのとでとても食べられるような状況ではなくそのままベッドに直行ダウン、レスキューのお世話になってようやく食事を摂ることができた。

ところで今日は私のとっておきのヒーリング法をお教えしよう。主人がネットで見つけて教えてくれたのだが、これ以上の癒しはないのでは?というぐらいに癒され、私はすっかりハマってしまっている。それは何かと言うと、おばあのポッドキャストだ。かなり前になるが、「ちゅらさん」という沖縄を舞台にしたNHK朝の連続ドラマ小説があったのだが、それを気に大ブレークした通称おばあ、平良とみという沖縄出身の女優さんをご存知だろうか?平良とみさんが週に1回のペースでポッドキャストで放送しているのだが、このおばあの語り口調がもう最高の癒しなのである。内容も沖縄の話が中心なので私にとってはとても新鮮だし、とにかくおもしろくておもしろくてやめられなくなっている。欲望のままに聴いていたら時間がいくらあっても足りなくなってしまうので、一応寝る前に2話だけと限定しているのだが、毎晩2話だけで終わらせるのに苦労している(^^;)。それに1話がたったの5分なので、私としてはもっと長く話してくれればいいのになあと思う次第である。15分か20分くらいあってもいいかもしれない。

そのぐらい私を魅了したおばあのポッドキャストだが、な・なんと残念なことに今年の3月をもってして終了してしまった!!今はまだダウンロードすれば聞けるようになっているので、興味ある方はぜひこちらから聴いてみて欲しい。癒されること間違いなしだから(^^)。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(468) 今日から変えてみました(^^)
(469) 肺に水が溜まって息苦しい・・・
(470) ああ、あれがガンだったらいいのになあ・・・
(471) デュロテップパッチが剥がれて困っている人に朗報です
(472) 胸水のお手当てに生姜湿布を開始
(473) 生姜湿布の威力を実感

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!