西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:14,851,597
397

早寝早起きを主人と約束

次の記事 | 目次
毎日「今日こそは早く寝るぞ!」と思っているのだが、結局ふたを開けてみると1時だの2時だのになってしまう。昨日もブログを書き始める時点ですでに1時半を過ぎていたので、ブログをお休みしてしまった。別に私は働いているわけではないので基本的にはそう早寝早起きできないからとカリカリする必要はないのだが、一つは先日も書いたように人間の免疫は23時から3時の間に活動が活発になるので、その時間帯は寝ているのがいいということがある。それ以外には、やはり世間の普通の人たちの生活に合わせないと何かと支障が生じるということがある。両親が週に3日手伝いに来てくれているのだが、やはり私がこういう生活をしていると食事の時間などいろいろな面で問題が生じる。また恐らく配達パターンの関係からそうなっているのだろうが、時間指定していない宅配便が我が家に来るのは朝9時と決まっており、しかも我が家の場合ネットショッピングが多いのでほぼ毎日のように宅配便が届くため、宅配便で朝起こされるのも精神衛生上非常によろしくない。実はこの朝の宅配便で起こされることには常日頃ものすごいストレスを感じていたのだが、とうとう先日我慢が限界に達し、チャイムが聞こえないようにインターホンの音量を最小にしたぐらいだ(^^;)。しかしこれも自分たちが昼と夜逆の生活をしているせいなのだから自業自得である。

そんなわけで私自身もとにかく早寝早起きしたいと思っていて努力はしていたのだが、とうとう今朝主人から早寝早起きを懇願された。そしてもし実行できないのなら、事務所で寝ると言い出した。まあここは主人の性格の問題だからしょうがないのだが、主人は私が寝ないとどうしても音が気になって寝られないという。家がめちゃくちゃ広くて、私が起きていることが分からないような邸宅だったらよかったのだが、もちろん我が家は狭いマンションなのでそうはいかない。しかも私は自分の部屋にパソコンを置くスペースさえもないので、リビングに机を置いてそこでブログを書いている。そして主人の部屋はリビングのすぐ隣にあるので、キーをたたく音も聞こえるし、光も漏れる。よって私が寝るまでは寝られないというのだ。

というわけで、私もかねてから早寝早起きにシフトしたいと思っていたので、これを良い機会に強制シフトすることにした。主人との約束では、とにかく急には無理だろうから、まず今日から3日間は就寝のリミットを1時とした。そして4日後には就寝0時、起床8時の生活にすることを約束した。主人はこれが最終目標のようだが、私としては最終的には23時就寝、7時起床の生活を目指したいと思っている。よって今後時間制限の関係でブログを書けない日が続出するかもしれない。なるべくそうならないようにがんばるつもりだが、みなさんも覚悟しておいて欲しい(覚悟とはなんのこっちゃ!?(笑))

さて現時点で0時43分だ。リミットの1時まであと15分ちょっと。これから歯を磨いて寝るだけなので第一日目の約束はクリアーできそうだ。

ところで今日のブログで紹介する予定だったサプリメントだが、明日その会社に電話してみようと思っているので、今日は時間がないこともあるが、さらに詳しいことが分かってからのほうがいいとも思うので、明日書くことにする。では、おやすみなさい。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(398) TFKというサプリを目下検討中
(399) 約束を守るのに四苦八苦(^^;)
(400) お勧めの自然派シャンプー&リンス
(401) 約2ヶ月ぶりのレスキュー(泣)
(402) 世の中の人の研究熱心さに脱帽
(403) 奇跡的にノーダウンの一日

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!