西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,139,384
153

ガス出しに効果ありの方法をもう一つご紹介

次の記事 | 目次
昨日紹介し忘れた超効果的な方法があったので、今日も引き続きこのトピックで。それに今私の頭の中にはどうやってガスを出そうかということしかないのである(^^;)。日中はけっこういい調子で出ていたのだが、夕飯後にぴたーっとその動きが止まってしまい、おなかははちきれんばかいの状態。ここで紹介した方法をすべて試し、少しは出たものの(やっぱりすごい効果!)、たまっている量からすれば焼け石に水程度の量。よってものすごい圧迫痛が私を襲い、またもや泣きが入ってしまった。

そうそう、泣きが入ったといえば、昨日の夜も最悪だった。2時から4時までの2時間ひどく痛み、一人で耐えて泣いていた・・・。4時の時点でさすがに耐えられなくなり、オキシコンチン(麻薬系の痛み止め)に手が伸びた。しかし4時だったので、これから先のスケジュールを考えると、ロキソを飲むタイミングなどいろいろあり、オキシコンチンを飲むことを躊躇してしまった。そうこうしているうちに、痛みが少し治まり、なんとか眠ることができた。このように、昨日の夜は久しぶりに最悪な夜であった。

さてそれでは本題のガス出しの方法をご紹介しよう。これはリンパマッサージ中に発見したのだが、うつぶせの状態で背中をマッサージしてもらうと、かなりの高い確率でガスが出る。マッサージの方向は、首のほうから背骨を中心におしりに向かってするので、頭の上に相手に座ってもらう。そしてガス出しを効果的にするためには、特に腰のくびれからおしりにかけてするときに力強くやってもらうことだ。やっぱりこれも後ろから腸を動かす結果になるのであろう。私はこれをやるとかなりの確率でガスが出る。よってマッサージの中で一番好きなメニューなのだ(笑)。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(154) 人間は生かしてもらっているのだろうか?
(155) 久しぶりに調子の良い日!
(156) ただいまボルタレンの再実験中
(157) 夜明けは来なかった・・・
(158) 楽しいことある?って聞かれて答えられますか?
(159) 血液検査の結果に異常値発生!

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!