西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,377,124
102

今どきガンは珍しくない

次の記事 | 目次
最近TVも新聞もあまり見ていないのですっかり世の中の情勢に疎くなっていていけないと思っているのだが、まあその件はさておき、何を思ったか超久しぶりに芸能ニュースのHPを開いて見てみた。

そしたら、なんと3人のガンの話が出ているではないか。しかも内2名は有名な人が亡くなったというニュースでびっくりした。岡田真澄(俳優)と今村昌平(映画監督)だ。もう一人はあまり有名ではない女性シンガーが卵巣がんを告白と書いてあった。まだ20代だそうだ。かわいそうに。しかも彼女の場合、2歳のときに小児ガンにかかり、せっかく克服して20年以上元気に過ごしてきたのでなおさらかわいそうだ。

今や国民の3人に1人はガンで亡くなっているそうだ。そして毎年新規に60万人が癌患者になっているのだそうだ。ガンはまったく珍しい病気ではなくなった。ただそれは高齢化がかなり関係しているので、やはり今でも私のように若い人がガンになるのは珍しいと言える。まったく私も貧乏くじをひいたものだが(^^;)、でも逆に考えればこれだけ低い確率のくじを当てたのだから、それを克服するという低い確率も当てられるということではなかろうか。私は心からそう信じている。

今日も「母効果」のジンクスは破られなかった。昨日私があんなことをブログに書いたので、母も少しプレッシャーを感じていたようだ(^^)。帰り際、「今日もジンクスが破られずにすんでよかったわ」と喜んで帰っていったからだ。今日は日中特に調子がよく、少し仕事もはかどって私も気分がよかった。が、母を駅まで送って、その足で夕方の散歩に出かけたのだが、散歩中トイレにいって排便してから調子が悪くなってしまった。ウォーキングどころか、よろよろと歩いて家にたどりつくのがやっとという状態になってしまった・・・。今はロキソを飲んでなんとか痛みは落ち着いているが、原因は便秘だと思う。ここ3日間、食べた分が出きっていないので、少々圧迫痛が出てきているようだ。明日は心して便秘解消に努めなければいけないであろう。あー、また忙しくなるなあ。でもがんばるぞお!

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(103) 自分のことを考える時間を持とう
(104) 出たとこ勝負
(105) エネマと先人の知恵
(106) 最終ゴールも案外近い・・・!?
(107) カマと決別できるか!!??
(108) 犯人は黒ゴマだった

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!