西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:16,158,087
109

大事件が起こってしまった

次の記事 | 目次
昨日”大事件さえ起こらなければ・・・”と約束したので、今日こそは便や浣腸と関係ない話題を!と思い、夕方の散歩中に別の話でタイトルまで考えたのに、夜に大事件が起こり、結局今日もこの話題になってしまった(^^;)。

その大事件とは・・・祝800cc注入成功!!だ!!(え?そんなこと?と思うかもしれないが、私にとっては大事件なので許して欲しい)

一時500ccまで入るようになったものの、昨日400ccしか入らなかったので、800cc入るようになるのはまだまだ先だと思っていたのだが、予想外に早く達成できた。しかも今日は2回もエネマをやることができた。昨日書いたように、やる時間帯を工夫したのだ。私の場合1回のエネマでかなり気力・体力ともに消耗するので、相当間隔をあけないと次のエネマができない。よっていつも昼過ぎから夕方にかけてやっていたエネマを、午前中に1回目をやってみたのだ。そうすれば、なんとか夜までに気力が復活し、2回目が可能になるからだ。

ゲルソン療法ではコーヒーエネマを1日に5~7回行うというが、いったいどうやったらそんなにできるのだろうか。まあ朝から晩まで一日中浣腸ばかりをしていれば可能かもしれないが。それとも慣れてくれば1回あたり短時間で終わるのだろうか。いずれにしても今の私には到底不可能な療法である。ちなみにゲルソン療法とは癌を克服するためにプログラムされた療法で、かなり厳しい内容なので、ちょっとやそっとじゃ実行できない療法である。しかしそれ故にゲルソン療法でガンを克服した人も多い。ここではゲルソン療法についての詳細は割愛するが、とにかくこれを実行できる人は、ものすごい精神力の持ち主であるので、もちろん徹底した食事療法およびコーヒー浣腸なども重要なファクターであるとは思うが、克服できた理由の半分は強靭な精神力なのではないかと私は思う。

話をもとに戻そう。とにかく今日は1日2回のエネマおよび800cc注入に成功したのだが、これらの成功の裏で、失敗した部分もある。夜のエネマでは注入は成功したが、排出のほうがいまいちで、実は今こうしてブログを書きながらも、なんとなくの残便感と腸の不快感、さらには痛みが発生してしまい、かなり調子が悪い。このままでは痛くてとても寝られそうもないので、たった今ロキソを飲んだところだ。

調子が悪いといえば、今日は日中もあまり調子がよくなかった。母が来ていたのに!!というわけで、とうとう母が来る日は調子が良いというジンクスが崩れ去ってしまった・・・。でも母のマッサージ効果だけは健在で、おかげで夕方の散歩に出かけられた。散歩中に考えた話題は、明日に書くことにしよう。再び何か大事件が起こらなければ・・・。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(110) きれいな花壇を見て複雑な気持ちに
(111) ノー泣きの日々
(112) 難しい判断を迫られる
(113) 自業自得とはいえつらい・・・
(114) ボルタレンを初めて飲んだ日
(115) 死闘3日目

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!