西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,380,356
414

完全復活とまではいかなかった

次の記事 | 目次
起床時は胃のむかつきも熱もなく、完全復活かと思ったのだが、朝食を食べたとたんに気持ち悪くなってダウン、結局今日も一日中ベッドで寝ていた。しかもがんの疼痛のほうもいつもより痛かった。せっかく今日は調子が良かったら主人と一緒に散歩しようと言っていたのにできなかった・・・。明日こそ完全復活だ!

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(415) 仕事のストレスかなあ
(416) この変化をどう捉えるべきか悩みどころ
(417) 私を天国にも地獄にも行かせるもの、それはうんち。
(418) やっかいな鈍痛・・・
(420) 思えばストーマにすれば痛みとおさらばできるはずだった
(421) すべてがずれていて冴えない一日だった・・・

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!