西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:16,022,753
175

ほんのちょっとだけど前進を感じられた日

次の記事 | 目次
まずは、今朝ブログを書き終わった後、ボルタレンが効いてくれて眠れたことを報告しておこう。とりあえず昨日から1日3回服用するようにしたわけだが、あまりにも激しい痛みはさすがに抑えられないものの、そこそこの痛みを抑えるには効果を発揮できることは分かった。しかし痛みのケアには、やはりオキシコンチンの併用を考える必要がありそうだ。とにかく明日朝一番で病院へ行くので、その辺も相談してこようと思う。

今日も昨日とほぼ同じ状況で、一日中頻便による痛みの対応に苦しんだ。しかし少しだけ昨日と違うところは、便の質が良くなって来ていること、また昨日はもよおすだけで何も出ないことが多かったが、今日は一応もよおした回数分だけそれなりに便も出たこと、また超久しぶりに一度だけ普通にガスが出たこと、などから、腸の動きが良くなって来ている気がしている。最近は普通にガスが出ることはなく、必ず逆立ちをしないと出ないようになっていたので、たった一度だけとはいえ、普通にガスが出たことは私にとってはかなりの前進だと言える。

そんなわけで今日は明るいニュースが少しあったので、精神的にもいくらか持ち直してきた。あとはとにかく早く痛みをとって、まともな生活ができるようにしていくだけだ。それでは明日朝一番で病院へ行かないといけないので、今日はこの辺で。おやすみなさい。

続きの記事へ
旧コメント | 目次
記事投稿日:
タグキーワード(AIで自動作成しています)
記事公開当時のコメントは上記「旧コメント」から御覧ください。新たなこの記事のご感想やコメントはTwitterハッシュタグ「みづきの記録」もしくは、フェイスブックのコメントへお寄せください。

続きの記事

(176) 今日から緩和ケアスタート!
(177) モルヒネの洗礼!
(178) 散歩というよりリハビリ
(179) ボラギノール軟膏にMとAがあったって知ってました?
(180) 野菜で季節を感じる
(181) 緩和ケアに行って本当に良かった

著者プロフィール

みづき
1970年東京生まれ、女性。既婚。子供はなし。米国シリコンバレーのIT企業のCFO、および日本のコンサルティング企業の役員としてそれぞれ在職中。2006年1月、米国西海岸(シリコンバレー)在住中に癌を告知され、急遽帰国しました。現在は東京・新富町(築地の近く)の自宅にて末期直腸癌(ステージⅣ)で闘病中です。
この写真は、2005年12月8日、サンフランシスコのお世話になっている弁護士事務所のクリスマスパーティに出席したときのもの。これが最後の飲み会でした・・・。お酒をこよなく愛した私も、お正月以来一滴も口にしていません・・・。また飲める日が来ると信じてがんばります!