西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,394,373
64

ブログの反響 へのコメント

この記事本文へ戻る | 目次

コメント

TOMOMI
2006-05-03 01:07:08
みづきが目指す道は確実に見えているよね。

しかも癒し系の旦那様がいつもそばで具体的な戦略を立ててくれるのだから鬼に金棒。

さらに、ご両親らが後ろ盾をしてくれて・・・。

ホント、恵まれた環境にいるよね。

そんな環境のなかで、口内炎に続いて痛みが一つ一つ消えていくことをイメージしながら毎日を過ごしていけたらいいね。

結果は必ずや成就することでしょう!!

もとみ
2006-05-03 06:29:50
口内炎治って良かったね!あれって煩わしいものねー。そうやって1つづつ、少しづつ治して、前に進んで行けたらいいね!そうなのよ。。。ウチの父がガンになって、いろいろな人に相談したところ、「ウチの叔父が。。。」「ウチの母が。。。」とたくさんの人がガンについて告白&アドバイスをしてくれたの。中には「両親二人とも」という方もいらして。みんな言わないだけで、ガンと闘ってる人は沢山いるんだな、と思ったの。そして沢山の人が闘い抜いて克服している事実も知ったよ。だから、みづきの復活も心から信じているわ。

真弓
2006-05-03 15:16:58
みづきさんの今日の日記、そしてそれにつづく書き込みを読み、まさに私もそう思っています。そして私や私の家族が、明日に病気になることもぜんぜんありうるわけだし、こうやってがんばっているみづきさんを手本に、生きていきたいと思っています。ほんとがんばっていると思うし、ぜったい結果に結びつくと思っています。

まだつづく療養だけど、たまにはくじけたり疲れたりしても、ふたたび前を向いてがんばるみづきsさんを応援しています。

みづき
2006-05-03 19:45:11
智美、もとみ、真弓ちゃん、コメントありがとう!そして雅子さん、2度に渡って貴重なご意見をいただきありがとうございます。ゲルソン療法は私も一時考えましたが、あまりにも制限が厳しいので、私の場合は採用しませんでした。それにしても尿療法ですか。リサーチしてみましたが確かに理論的に納得できるし、効果もありそうですね。あとはそれを飲むことができるかどうか、自分の勢いの問題だけですね。今すぐには覚悟ができませんが、今やっている療法で効果がないと分かればやることができると思います。とにかくいろいろとありがとうございました。それでは雅子さんのガンが再発しないことを心よりお祈りしております。

みづき
2006-05-04 10:49:29
コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、あまりにも状況が似ているのでびっくりしました。が、それ故ものすごく親近感が沸きました。メール欲しいと書かれていましたが、メールアドレスが分からないので送れませんでした。よろしかったらブログトップぺージの「リンク」のところに私へのメールを出せる入り口を設けましたので、メールしてください。ではでは一緒にがんばりましょう!

この記事本文へ戻る | 目次