西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:20,776,071
602

セデーションの確認前に昏睡状態になりました へのコメント

この記事本文へ戻る | 目次

コメント

たま
2008-08-22 09:13:22
お疲れ様。よくがんばりましたね。と声をかけてあげたいです。

そして、ありがとうございます、とも。

本来、このような言葉は旅立たれた後に

かけることが多いのですが、

今、この世に生きてらっしゃるからこそ

その言葉の意味があるように思います。

そして金メダルを首にかけてあげたいです。

だって、みづきさんはたくさんの人に勇気をあたえてくれましたもの。

レインボー
2008-08-22 09:33:41
ご主人様、本当に胸を打たれました。

お二人のお人柄にも、考え方にも。

本当に素晴らしいお二人、そしてご夫婦です。

みづきさんが、こんなにも奇跡を何度も起こし、

今回昏睡状態になられてからも、その様な

サプライズがあったとのこと、ご家族の皆様

初め沢山の人に愛され、また沢山の人に

愛と勇気を与え続けていらっしゃるみづきさんを

神様が天になかなか引き上げることを

出来ずにいらっしゃるのではないかと思うほどです。

みづきさんはこれほど、この世に沢山の

ものを残されているのですね。

どうか、みづきさんがもし天命を全うされる時が

来た時は、みづきさんもご家族の皆様も

平安にその時を迎えられることをお祈りして

います。

そして、願わくば、どうか、みづきさん、

奇跡を起こしてください。

suzuki
2008-08-22 09:47:41
カフェラテを飲んで、口をゆすいで再び眠りについたというあたりがみづきさんらしいです。

みづきさんのお話にもキューブラロスの本にもありましたが、死に近いところに近づくと、恐怖はなく、穏やかな気持ちでいられるようですね。みづきさんが今、すべての苦しみから解放され、ゆったりとした時を送っていることを祈っています。

ご主人さま、ご家族さまもご自愛ください。

7920
2008-08-22 09:50:07
はじめてコメントします。

素敵です。幸せなことだと思います。

10年前、スキルス胃ガンで亡くなった兄の時は

ただ医者の言うことに従うだけ、私たち家族はなにもできませんでした。

兄自身もきっとガンとどう闘っていけばいいのかさえわからず逝ってしまったと思います。

あの時、兄のためにもっと何かでたんじゃないかとずっとずっと悩み苦しみ続けていました。みづきさんは立派です。

うまく言えませんが感謝しています。

他の皆さんのようにみづきさんの生き様に勇気づけられた人間の一人です。

それをどうしても伝えたくて。。。

さゆみ
2008-08-22 09:52:48
まだ「お疲れ様」の言葉は言いたくないです。

これまで本当に色々な事を教えていただきました。専門的な事も含め、どれだけご自分の病気に前向きに勉強なさっているか痛いほど伝わってきました。

自分や身近な人が同じ状況になったとき、それだけ前向きになれるだろうかと良く考えます。

みづきさんは本当に強い女性です。

尊敬します。

ごめんなさい。動揺していて何をコメントしていいのか分からないのに、何か書き残したくて・・・

みづきさん、みづきさんの言葉をもう一度目にしたいです。

みぽりん
2008-08-22 10:09:58
がんばった、後悔がないなら幸せ・・・。

頭では理解できます。

でも感情は納得できません。追いつきません。

こんなときは・・どうすればいいんでしょうか?

涙を流せばいいのでしょうか?

教えてくださいよ、みづきさん!

聡明な貴方ならきっと私に答えをくれるはずです。お願い・・・。

john
2008-08-22 11:57:54
それでも、わたしはまだみづきさんの奇跡の力を信じています。

みづきさん。

megu
2008-08-22 12:14:41
こんなに医学が進歩しているのに癌を撲滅できないのか悔しいです。みづきさんは性格もよく頭もよく、人の気持ちもわかるすばらしい女性だと文面から察します。歳も近いので友達になりたかった。痛みがなく穏やかな時間を過ごして欲しいと思います。

advocare
2008-08-22 12:23:43
みづきさんと、ご家族が心穏やかにあたたかい時間を過ごせることを祈っています。

花梨
2008-08-22 12:46:15
今、苦痛を感じることなく穏やかに過ごせているのであればいいなとおもいます。少しでも痛みも苦痛も感じない時間を長くいさせてあげたいです。ず~っと頑張ってましたもんね!幸せを感じさせてあげたいです!もう、苦痛はかわいそうですよね。

はな
2008-08-22 12:50:19
うちの父は最期にセデーションを行いましたが、ずっと耳は聞こえていたようで、話し掛けるとかすかに指が反応していました。

みづきさんの昏睡と同じ状態とは言えないかもしれませんが、きっと聞こえているはずです。

たくさん話し掛けてあげてください。

M
2008-08-22 13:22:48
みづきさん

逝かないでください・・・。

陽流ーひなー
2008-08-22 13:43:38
みづきさんの覚醒・・

おめでとうございます。

苦痛が減り

家族との安ぎ、

覚醒の中でも立派な姿を見せてくださるみづきさん。

私の1番の願いは

みづきさんに苦痛がないことです。

そして、何度も何度も奇跡を起こしてくださること。

どうか苦痛が訪れませんように。

私は祈り続けます。

何度もおめでとうが言えますように。

何度も苦痛なく覚醒してください。

無名者
2008-08-22 13:43:54
みずきさん。

私の暗い日々に、貴方にどれほど力を戴いたことでしょうか。戴くばかりでごめんなさい。ありがとう、みずきさん。せめてお礼を言いたくて書き込みました。苦痛が無いように祈っています。

kazu
2008-08-22 13:49:32
医師に従うことじゃなく。

わからないことは徹底的に専門書を調べ。

原発した病気、併発された病気のことを理解し

今、自分の体の中がどのような生体反応が

起こっているのか?患者としてもわかる範囲で

理解しなければならないんだなと記録(ブログ)を読んでいて感じました。

病気と真正面に向き合うっていうことは

こういうことなんじゃないかって思うようになりました。

とにかく今は、みづきさんと一人でもたくさんの人たちが

接することができる穏やかな時間を過ごせることを心から祈っています。

サポーター
2008-08-22 13:56:31
みづきさん、あなたのブログに出会えたことを感謝します。

2年以上、みづきさんやブログをご覧の方々と共に病気や治療法、ボランティア、日常の心動かされた話など、様々な話題を一緒に考えてきました。ありがとうございます。

体の痛み、心の痛み・・どんなにか苦しかったことでしょう。

しかし、しかし・・あなたの生き方は、あっぱれでした。苦しみの中、たくさんのことに感動し、愛とエネルギーをたくさんの人に注いでくれました。

 この世で自分の生と学びを全うしたあなたには、あちらの世界は愛に満ちた素晴らしいものでしょうし、あちらでもその人らしい役割が与えられるとか読んだことがあります。笑うかもしれませんが私は信じたいです。

 みづきさんならば、あちらでも大忙しですよね。

宇宙の時間から考えたら、私たちがあちらに移動するのもそんなに遠くはありません。

 いつかみんなで大宴会といきましょう。

こんなことを書くのは不謹慎かもしれませんが、

死は終わりではないと思います。

(でも、やっぱり神様にまだって言われちゃった!と、またひょっこりご自身でブログ更新してくれるみづきさんもありかな・・と思っています)

みづきさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとう!

涼風
2008-08-22 14:08:11
私の父は血圧がはかれなくなってから8時間ほどで眠るようにこの世を去りました。

血圧は1つの指標になるかもしれません。

今ごろ、みづきさん、どんな夢をみているのでしょうね・・・。

幸せで温かい夢だといいなぁ。祈っています。

yuri~~~
2008-08-22 14:35:23
ご主人様、お知らせありがとうございます。みづきさんらしいサプライズ、お父様ともお話できたとのこと、胸が熱くなりました。きっと、おいしいカフェオレだったに違いないですね。私は、みずきさんと同い年、うお座で二日違いの誕生日です。

ブログを拝見し始めてからそのことを知り、ますます他人事とは思えなくなりました。お会いしたわけではないのに、ブログを読んでいると世間話をしているような親近感を感じ、また、人間としてだいじなことをみづきさんと、ご家族から教えていただきました。ありがとうございます。どうか、みづきさんの今の世界が安らぎで満ちていますように。眠りの中でもご家族の声がちゃんと届いていますように。そしてもう一度、奇跡が起こってくれないでしょうか・・・祈らせてください。

yuz
2008-08-22 15:12:29
このブログでいろんなことをたくさん教えていただいています。

みづきさんにとても感謝しています。

いくら感謝しても感謝しきれません。

いつもほんとうにありがとうございます。

ありがとうございます。ありがとうございます。

アンズ
2008-08-22 17:04:52
楽しみにしていた飲み物、1日1,000ml に制限されていた飲み物を、ちゃんと飲まれたのですね。良かったね。カフェ・ラテ、おいしかった?

苦痛もあまり感じられてない様子とのこと、せつない中にもほっとしています。

fu~ahh~~
2008-08-22 17:21:57
初めてコメントさせて頂きます。

私はがんではありませんが、

かれこれ4年以上ある病と闘病中です。

みづきさんのブログはずっと毎日チェックしていて本当にいつもいつも勇気づけられました。

こんなに多くの人を勇気付けたみづきさんを心から尊敬するとともに、いつも感謝しています。

なぜ病はこんなすばらしい人を苦しめるのでしょうか?

再びみづきさんが目を醒ます奇跡を信じていますが、もう苦しまないでほしい。

とにかく眠りの中でもかまわないから、みづきさんが今幸せな気持ち、穏やかであることを祈っています。

あきら
2008-08-22 17:28:12
私は去年5月ここを知りました。

その間絶望、話を聞けば悪い事ばかりの毎日でここで希望勇気を頂、今の私が有るのはここを知らなかったら無かったと思います。みづきさん、ありがとう。

また奇跡がおこりました!と書いてくれること祈りながら感謝とお礼を。

saorin
2008-08-22 17:46:37
11月に祖父がこの世を去った時、

もうここまで頑張ったんだから苦しまなくても

いいと思う気持ちと最後まで奇跡を信じて生き抜いて欲しいという気持ちのどちらの思いも私は感じました。

結局、最後に辿り着いた思い・・・

それは今までずっと頑張ってきたんだからもういいよという気持ちでした。

ご本人様もそうですが、そばで見ているご家族の皆さんもやり場のない思いでいっぱいだと思います。

残りわずかな時間なのかもしれませんが、最後までできる限りのことをして差し上げてくださいね。

みづきさんのカフェラテを飲んだという奇跡を

聞いてとても嬉しく感じました。

でも私はまだみづきさんの奇跡を信じたいです。

しのぶ
2008-08-22 18:12:33
最後まで耳は聞こえているそうです。今までの思い出話をいっぱいしてあげて下さい。特に幼少期の楽しい思い出を話してあげて下さい。みづきさんが幸福につつまれますように。

2008-08-22 18:56:33
去年の夏に手術後、このブログを知りずっと読んでいました。今までもコメントを書きたかったけれど携帯からは書けませんでした。

初めて書けるというのに今、涙で文字が滲んでいます・・・。

私はみづきさんとは同じ歳で卵巣癌で再発を繰り返しています。種類は違えど同じ癌という病気と真っ向から闘っているみづきさんのブログから、とても勇気やパワーを頂きました。

幾度もの復活に心から喜んでいました。そして、みづきさんならば、本当に奇跡が起こせるのではないかと思ってもいました。自分ならへこたれてしまいそうなのに、本当に強い凄い方だと思います。

どれっだけ、どれほど、、、苦しく辛かっただろうと思います・・・。どうかもう苦しむことがありませんように……。

みづきさんから教わったこと、忘れません。

どうか、奇跡が起きてくれればと思っています。

ありがとうございました。

みえ
2008-08-22 20:47:08
みづきさんは、ご自分以外の者により昏睡状態に入ることを無自覚のうちに望んでおられなかったのかもしれませんね。

だから、眠らされる前にご自分から眠りについた。それは、目覚めることも自身の意によってということかもしれません。

人間の体は不思議です。生命力は荘厳です。何度もご自分の力で(もちろん、ご家族やご友人の支えがあってのことですが)這い上がってこられたみづきさんですから、さらなる奇跡もあり得ると思います。きっと、みづきさんらしく、すべて自身の魂が向かうところへ行動を起こされると思います。

奇跡は起こるからこそ奇跡です。私はみづきさんの偉大な生命力を今後も揺らぐことなく信じています。

M
2008-08-22 22:49:15
今、毎日のように、オリンピックの映像が流れています。結果に関らず、「これまでやってきたことをすべて出り切りました。悔いはありません!」と言葉にする選手は、皆、ステキに微笑んでいます。

みづきさんが、ゴールに向って・・・選ばれた者だけが切ることのできるテープに向って、駆け抜けていくような姿がぐるぐるまわっています。

くるり
2008-08-22 23:25:18
今までブログを見てたくさんたくさん泣きましたが、今はもう涙はありません。

今まで病気と闘って来られた方の中で、「最善を尽くしたので一片の悔いもない」と言える人は、あまりいないんじゃないかと思います。

みづきさん、ご主人様、お二人とも本当に誇らしく思います。

今すぐにお二人に金メダルをかけてあげたいです。

このまま穏やかに少しでも永く過ごせますように……お祈りします。

fen
2008-08-22 23:57:51
ご主人様

人の命を見守る、ということは今後の自分の人生を送る上で非常に大きな意味を持ちます。

私たちは当事者ではなく、第三者です。

ですが、傍観者ではないつもりです。

ネットのブログという限定された世界の中では、私たちも喜怒哀楽を共にし、心の底から悲しみ、涙を流した当事者の一人でした。

その事に関して、言葉では言い尽くせないほどの感謝を私はしています。

実際に起こっている出来事は悲劇ですが、このブログに出会えたことに関してだけ言えば幸せでした。

既にクライマックスを迎えようとしているという事実に胸が痛んでやみませんが、これからご主人様の気持ちと同期を取る作業をしようと思います。

その後の様子を、またお知らせくださいませ。

アメジスト
2008-08-22 23:58:42
今日は、みづきさんのことを考えて1日を過ごしました。そして辿り着いた答えは「これでお別れではない」ということです。ここに来ているみなさんも私も、これから、一人では抱えきれない悩みや苦しみに出会ったとき、心の中で「みづきさんならどうしますか?」と聞くことでしょう。また、みづきさんに報告することもある事でしょう。その時、冷静で、それでいて暖かく的確な答えを私たちにみづきさんは下さることだと思います。

まはろ
2008-08-23 00:05:27
みづきさん、今はどんな夢を見ながらおやすみになっているんでしょうか?

ご主人とのお散歩かな?それとも、ご両親とのコーヒータイムかな?

数々の奇跡を起こされ、その生き方や信念が私をはじめこのブログを

読んでいる方々に多くの希望を与えてくださいましたね。

本当にありがとう[絵文字:v-22]

みづきさんが残してくれた言葉は、どれも一生忘れることはありません。

いつの日か、また、出会えますよね。。。

くま
2008-08-23 00:20:46
病気は辛いことだけれど、みづきさんもご主人様も、「ただ一片の悔いもない」と言える生き方はすばらしいなあ、幸せだなあ、と思いました。

穏やかな時間を過ごせますように。そして、また奇跡が起きますように。

らら蔵
2008-08-23 01:03:10
呼吸が楽になられたとのこと、よかったですね。

みづきさんの幸せを今日も祈っています[絵文字:v-22]

ゆらま
2008-08-23 01:31:33
初めてコメントします.2年以上みづきちゃんのブログを拝見させていただき、何時も生きる意味を考えさせられ、また勇気を貰い続けてきました。みづきちゃんは、ブログを通して、本当に多くの人に命の大切さ、生きる喜びを教えてくれていると思います.

みずきちゃんに、私のようにみづきちゃんのブログから、勇気を貰っている人間が沢山いるという事が伝わってくれることを祈っています.

ひたむきに自分の人生と運命を生きる姿,また冷静に自分を見つめる姿に,本当に心から尊敬し,みづきちゃんの魂の尊さをいつも感じています。

みんなの心がみづきちゃんの心に届きますように.

かず
2008-08-23 02:28:03
みづきさん

このブログを通して、本当に多くのことを学びました。とてもお辛いであろう状況でも、いつも前向きなメッセージを発信してくれたみずきさん。人間として本当に尊敬しています。心から、ありがとうございましたと言いたいです。このブログを、一人でも多くの人に見て欲しいです。

K
2008-08-23 04:50:04
今、夫の最期を看取った夢を見ました。

昨年、夫を亡くした時、その最期を見とれなかったことをずっと悔やんでいました。みづきさんのブログから、常にご主人やご両親がそばにいて、一緒に戦っている姿を教えていただき、こういうことをすべきだったんだと反省させられる日々です。その気持ちが少しだけ夫に伝わったのか、夢の中で実現させてくれたのだろうかと思いました。

「最善を尽くし・・・、ただ一片の悔いもありません」と言える事は、本当にすばらしいことですね。最強のご夫婦の協力だと思います。

2008-08-23 15:36:26
みづき、これからも、自分の人生を生きる、生き抜く中であなたに語りかけること、またあなたに励まされることがたくさんあることでしょう。たくさんの学びをありがとう。こんなにも多くの方々の心に刻まれている尊い命、あなたのような人に巡り合うことができたことが誇りです。病気と闘いながらもきちんと自分の役目を果たしたことを誇りつつ、そしてみんなの愛を感じて安らかに今をそしてこれからを過ごしてください。また会えるそのときまで。

おかぴ
2008-08-23 19:32:55
穏やかな時間が続きますように[絵文字:v-22]

tosi
2008-08-23 20:02:51
残された時間

      やさしく 語りかけて

            きっと 聞こえているはず

                   

   

         

2008-08-23 20:07:00
末期がんで、負けるのがわかっていたのに、希望をみいだし、自分を信じて、抗がん剤を拒否して、闘ってきた、みずきさん。僕の心になんだかを突き動かしてくれたこと、感謝します。みずきさんなら、今の状態をこう言うと思います。「もう終わっちゃたのかなぁ?」「いいえ、まだ何も始まってない。」と。そうまだ終わってないし、始まってもいません。奇跡を信じるだけです。

ゆっこ
2008-08-23 21:43:40
父や身内含め5人をがんで亡くしていることで、みづきさんのブログへたどり着き、2年程前から毎日こちらへ来させてもらっていました。

ブログを拝見しているうちに、いつからか、がんの情報よりもみづきさんの聡明で正直でかわいらしいお人柄に惹きつけられるようになりました。。。

みづきさんが素敵な方なので、こちらへ集まる方々も魅力のある方が多く、みづきさんの書く記事も大好きでしたが、コメントされる内容にも心打たれることがしばしばありました。。。

自分ががんになったとき、こんなにも力強く思えるブログは、ないと思います・・・・・

みづきさんがブログで綴った思い。

私にとって、どんなに勇気づけられたことか・・・

本当にありがとう。。。大好きなみづきさん。

まだまだ奇跡を信じたい。

みづきさんの言葉が、もう聴けないと思うと哀しくて寂しくて仕方ない。

ブログだけでしかみづきさんのこと知らないのに

こんなに寂しくて苦しいです。

ただただ、みづきさんが苦しくないよう、痛くないよう心からお祈りしてます。

あや
2008-08-23 22:07:15
初めて、書き込みをします。

このブログを見つけて、ずいぶん経ちました。

いつもいつも、みづきさんの気持ちの持ち方にすごく感心していました。

まだあまりにも早すぎるとは思いますが、こんなに頑張ったんだもの。

どうか今が安らかでありますように。

このブログに出会って、生きる意味やいろいろなことを、

教えていただきました。

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

アルル
2008-08-23 22:08:55
同じ年の生まれの者です。

ただそれだけでずっとブログ読んで心で応援してました。

なんだかまたふと目を覚ましそうな気がしてならないのです。

「奇跡」の一言では私は片付けられません。

これまでの幾度の復活はみづきさん自身の力だと思います。

旦那様とまた僅かでもお話できるよう祈っています。

hiro0304
2008-08-24 01:35:12
hiro0304です!

もう1年半近く拝見させていただいています。

きっかけは家族が大腸がんで亡くなったのと

自分自身が大腸がんの疑いがあったからです。

結局、自分は白でしたが、それからも毎日の

ように拝見、又は少しでも癒しになればと

癒し系の動画や写真を紹介してきました。

他の方のコメントでもあったように、患者さんや

家族が医者に言われるがままにしかならざえる

ことが多いのに、みずきさんは強い意志を元に

西洋医学にまかっせきりにせず、

ガンに勝利するためにるためにいろいろな

自分自身で民間療法で戦ってきましたよね

きっとその努力が実ったおかけで、

いままで生きてこれたと思いますよ!

今はただ苦痛のない、穏やかな時間が

過ごされるとことを祈っています。

コスモス
2008-08-24 02:23:36
みづきさん

また目覚めブログを更新してくれるような気がして、・・・・・・・ただただお祈りしています。

まこと
2008-08-24 06:28:31
ここ3日間みづきさんの事ばかり考えています...。

遠い海の向こうからずっとお祈りしています。

みた
2008-08-24 07:42:34
とにかく、祈っております。

この記事本文へ戻る | 目次