西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:15,275,891
545

大幅な好みの変化 へのコメント

この記事本文へ戻る | 目次

コメント

あきちゃん
2008-04-02 15:18:30
こんにちは、みづきさん。

素敵なネックレスですね。[絵文字:v-22]

旦那様が、女性にネックレスを贈ったことがないと言うことだから、どんな顔して選んだのか考えると、嬉しくなりますね。^^

みづきさんの体の調子がいいのは、このプレゼントが、あったからかな?

私の親戚が、コーヒー屋さんなので、美味しいカフェオレをご馳走したいです。^^

みづきさんが、良くなりますように!!![絵文字:v-22]

みずほ
2008-04-02 16:04:42
すっごくかわいらしくもあり、それでいてクールな感じもするペンダント、みづきにぴったり、さすがご主人、愛を感じるね~(うらやまし)

アンズ
2008-04-02 16:06:02
エメラルド、素敵です。桜が終わったら、若葉が萌えてきますね~! 新緑のガーデンでカフェオレがいただけたら、いいですね。

クラシックもJポップもいいものはいいのよね。西洋医療もホリスティック医療も、いいものを取り入れられて、もっともっと体調がよくなりますように!

みぽりん
2008-04-02 17:49:25
あはは。

あのテレヤさんなご主人がどんなお顔で、ジュエリーショップに行ってお買い物をしたのか、考えると幸せな気分になりますね^^。

クラッシックは私も大好きです。

読売交響のクラブ会員に登録してますので、退院した暁には、みづきさんとご主人をご招待したいな~。どんな作曲家がお好みか、今度お聞かせくださいね!

M
2008-04-02 18:05:31
みづきさん、今日もメッセージありがとう[絵文字:v-252]

すてきなネックレスの贈り物、よかったですね!!

しのぶ
2008-04-02 18:15:38
今日のメッセージはみづきさんがだんだん快方にむかわれているのがわかり、ほっとしました。少しずつでもだんだんと楽になり、こころもゆったりできますように、お祈りしてます。どうか早くよくなりますように。

トム
2008-04-02 18:38:40
すてきなネックレスですね!体調もゆっくりと良くなっているようで良かったです!!!

コスモス
2008-04-02 21:47:44
[絵文字:v-352]素敵なネックレスにうっとりです。

Brenda
2008-04-02 22:28:37
私のイメージでは、みずきさんが聞いているのは何かクラシックという感じだったのだけどまさかハウスだったなんて!

ところで、私はクラシックのピアニストですので日本でコンサートする際にはご招待いたしますわ☆

ハル
2008-04-02 22:28:37
素敵なネックレスですね。幸せ感をたくさん感じてくださいね。好きな食べ物、好きな音楽、好きな仲間、etc・・・心地良い気持ちは免疫がアップしますよ。

これからいろいろなお花が咲き始め楽しみも増えますね。

TOMOHIRO
2008-04-03 00:06:14
夢をもって今を楽しくいきてください。

よい方向へ向かうことを期待してますから。

yas
2008-04-03 06:54:21
みづきさんの「がんばります」が輝いてて好きなんです。

ジョークも小気味よく、回転速いなと、改めて思います。

「イレウスでどん詰まり」ですって。

あんまり笑うわけにはいきませんが。。

saorin
2008-04-03 09:08:20
素敵なネックレスですね!ご主人さんがみづきさんのことを心から思っておられるのがよく伝わりました。

少しずつでも改善に向かい痛みのない時間が多く続きますように・・・

ずっと応援しています。

suzuki
2008-04-03 09:59:12
とっても愛らしいネックレスですね。

エメラルドの石言葉は幸運だそうですよ☆そういえば、エメラルドの部分、お花にも見えるけど四葉のクローバーにも見えますね!

カフェオレ、美味しいですよね。でも飲みすぎると眠れなくなりそうですが、だいじょうぶですか。お大事になさってくださいね!

菜々
2008-04-03 18:31:33
ネックレス素敵ですね。みづきさんに似合いそうです。軽い冗談もあり 何よりもみづきさん自身で書かれた文章を拝見出来ると胸をなでおろします。ゆっくり回復されていくと良いですね。

ゲーリー矢田
2008-04-04 00:23:31
私はミルクティーですかね。音楽はヒーリングです。辛い時はこの曲を聞く… なんて決めてます。

5月に渋谷で写真展をやるので、早く元気になって見に来て下さいね。そのうちNETにもUPしますけど。

この記事本文へ戻る | 目次