西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています
総アクセス数:17,403,424
488

アルダクトンの効き目はまだ現れず へのコメント

この記事本文へ戻る | 目次

コメント

コスモス
2007-10-13 01:17:17
こんばんは

お母さまは少しお疲れなのかもしれません。

ゆっくり休まれ回復をお祈り致します。

写真の彼岸花。華やかな赤は強烈な存在感を感じますね。気高く美しい花だと思います。

ア、うちの隣の家の庭には毎年白い彼岸花が咲きます。こちらもきれいですよ。

みづきさんにお薬が効き、楽しいお散歩が出来ますように[絵文字:e-492]

ユキ
2007-10-13 06:47:16
彼岸花は目にも鮮やかで私も今は好きですが、小さい頃から毒があるから触ってはいけないとか、縁起でもない別名を聞かされていたので43歳の現在まで触ったことありませんが、大丈夫なのでしょうかね?折角、綺麗に飾っていらっしゃるのに変なこと言ってごめんなさいね。でも家に飾っておられる方を今まで見たことないので少し心配です。私の気にしすぎかもしれませんが。。

お母様のご回復と、アルダクトンの効果を祈ってます。

テニスのみー
2007-10-13 07:16:11
アルダクトンの効果が出る兆しが見えてきた

ようだね。早く効果が明らかに出て呼吸が

楽になりますように。

ところでさっき起きましたが、今日みづきの夢を

見ました。学校の廊下にみづきが立っていたの

に気付かずに私がそばを通り過ぎ、後からみづ

きだと気付いて「みづきなの?ほんとにみづき

なの?」って聞き返した夢。すぐに気付かなか

ったのは、みづきが全然痩せてなくて元気そう

に適度に太ってたから。

よく正夢を見るので、何だかうれしくなっちゃい

ました。

お母さんも早くよくなります様に・・・。

まあちゃん
2007-10-13 08:37:48
>彼岸花は目にも鮮やかで私も今は好きですが、小さい頃から毒があるから触ってはいけないとか、・・・ (ユキさん)

有名な有毒植物ですが、多分触れても大丈夫だと思います。食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもありますが、誤食した場合は死亡する可能性があります。墓地や田のあぜに多く植えられているのはネズミ、モグラ、虫などを避けるためです。参考まで。

ユキ
2007-10-13 10:57:17
まあちゃんさん、有難うございます。

触れても大丈夫なんですね。安心致しました。

なるほど、道理で田んぼの周辺でよく見かけたわけです。彼岸花にはそんな役目があったのですね~。お恥ずかしい限りですがこの年になるまで知りませんでした^^;勉強させて頂きました。有難うございます。

yas
2007-10-13 18:54:21
みづきさん、こんばんは。

調べていることを何度もすいません。

P53の機能回復を調べています。調べ始めたばかりです。機能回復は、欠損している場合ではなく、不活性状態、変異状態の場合ですが。

奈良県立医大の研究

http://www.naramed-u.ac.jp/~biol/senryaku.html

放射線(X線)、温熱治療は、p53依存的であるということが述べられています。p53によるアポトーシス。。そして、p53の機能を回復させるため、変性したタンパク質構造を正常なタンパク質構造に戻す働きのあるグリセロール(アルコール、体内では脂肪と油に分解される)を使って、放射線、温熱への感受性を調べたところ、感受性が上がったそうです。実験ですので、人体内では簡単にはいかないのでしょうけれども。。

炭素イオン重粒子線は、p53に依存しないそうです。知りませんでした。費用、適応、有るようですが参考まで。。

私の祖母は子宮原発の癌で亡くなっています。お腹が痛いとき、胃薬を飲んでいたそうです。見舞いに行ったときは、私が誰だか分からなかった。私は母に「何で手術して取らないの?」と尋ねたぐらい無知でした。

父は2年ほど前、便潜血反応がありましたが、内視鏡を受けません。勧めてはいるのですが。。便秘、血便は無いようなので、大丈夫だろうと思ってますが。。

コスモス
2007-10-13 21:59:13
まあちゃんさんの彼岸花のコメント参考になりました。そういえば子供の頃暮らした田舎の墓地や田んぼの近くにたくさんありました。

その存在にも意味があったのですね!!

おちゃ
2007-10-14 00:35:47
便潜血でよく発見される病気は大腸ポリープで、95%は良性です。しかし、大腸ポリープは結構な確率で癌になるので、良性であっても切除します。この時点では100%完治です。

便秘や血便が出るようになったら進行癌のことがほとんどですから、治る確率は相当低くなってしまいます。癌は症状が出てからでは遅い、というのが一般です。癌が治るようになったのは早期発見できるようになったからで、治らない癌が治るようになったという要素は少ないのです(抗がん剤では完治が難しいのが現実です)

yas
2007-10-14 02:50:43
おちゃさん、ありがとうございます。

絶対内視鏡受けさせます。

yas
2007-10-14 06:59:57
抗癌剤ですが、上記奈良医大の研究でも触れています。私も以前触れました。遺伝子に作用するものは、p53に依存的だと思います。アポトーシスの経路はいくつかありますので遺伝子に働くもの全てでは無いでしょうが。。

抗癌剤耐性にも関係すると思います。

orie
2007-10-15 13:02:38
みづきさんこんにちは。

今年はインフルエンザも、もう流行っているそうですね。異常気象のせいでしょうか?お母様お大事になさって下さい。利尿剤が効いて呼吸が少しでも楽になるといいですね。父も会社の最寄の地下鉄の階段を上がるのに休み休みでした。エレベーターかエスカレーターがあれば良いのになと何度も思いましたよ。

この記事本文へ戻る | 目次